2022年11月18日にホンダの中国法人のひとつ「広汽ホンダ」は、豪華4人乗り仕様の「オデッセイ エリートエディション」を発表しました。同じ中国市場では、4人乗り仕様のレクサス「LM300h」が販売されていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

ホンダが4人乗り仕様のオデッセイを発表! LMとの違いは?

 ホンダの中国法人のひとつ「広汽ホンダ」は、豪華4人乗り仕様の「オデッセイ エリートエディション」を2022年11月18日に中国で発表しました。
 
 同じ中国市場では、4人乗り仕様のレクサス「LM300h」が販売されていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

 中国市場のオデッセイは、1998年にホンダと広州汽車の合弁会社「広汽ホンダ」が2002年4月に2代目オデッセイを発売したことから歴史が始まり、3代目、4代目、そして現行の5代目と続いています。

 さらに中国ではオデッセイの姉妹車として「エリシオン」も販売されており、こちらはホンダの東風汽車との合弁会社「東風ホンダ」が2016年1月に発売されました。

 中国のオデッセイとエリシオンには大きな差異は無く、エクステリアやインテリアのデザインが少し異なっているほか、オデッセイがファミリー層を、エリシオンが高級志向といった特徴を持っています。

 そうしたなかで、ミニバン熱が高まる中国市場では年々「高級・豪華」な仕様のミニバンが人気を博してきました。

 中国市場では、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア(クラウンヴェルファイア)」、レクサス「LM」をはじめとする高級ミニバンの販売が好調です。

 そうしたなかで、新たにホンダが投入するのが前述のオデッセイ エリートエディションです。

 オデッセイ エリートエディションのボディサイズは全長4861mm×全幅1820mm×全高1705mm、ホイールベースが2900mmとなっており、基本的には通常のオデッセイと同じです。

 デザインは、メッキ加飾も取り入れられた専用のハニカムグリルを採用。さらに専用エンブレムやウェルカムランプなどを装備して標準車と差別化が図られました。

 インテリアは、2列目シートを左右に独立した2つのキャプテンシート(シートヒーター/ベンチレーション/マッサージ機能付き)を設定し、さらなる上質で快適な空間を実現しています。

 さらに前席と後席の間には19インチテレビ付きのパーテーション&収納キャビネットが設けられ、後席乗員のプライバシーを確保。

 そのほか、オットマン付きの後席、専用カーペット、二重構造の防音ガラスなどを採用したことで、まさに陸のファーストクラスといえる仕様です

 そして、同じくパーテーションや4座仕様を設定するのがLMです。

 レクサスが上海国際自動車ショー2019で発表した高級MPV(多目的車)「LM300/LM300h」は、レクサスファミリーの新しいフラッグシップモデルとして誕生しました。

 LMは、アルファード/ヴェルファイアをベースにボディを延長したモデルとなり、ボディサイズは、全長5040mm×全幅1850mm×全高1945mm、ホイールベース3000mm。

 パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ガソリンの「LM350」と2.5リッター直列4気筒ハイブリッドの「LM300h」が仕向地ごとにラインナップされています。

 デザインは、フロントに大型のクロムメッキスピンドルグリルや一体型LEDヘッドライト、Lデイタイムランニングライトを採用。

 ボディ側面にも「L」クロムトリムが配置されるなど、「アルファード/ヴェルファイア」とは違った高級感を表現しています。

 インテリアは、「エレガントバージョン(7人乗り)」と「ロイヤルエディション(4人乗り)」が設定されます。

 ロイヤルエディション(4人乗り)の前席と後席はガラススクリーンによって区切られており、広大なプライベート空間が広がる後席は贅沢な2列シート仕様の4席レイアウトの左右独立した大型のエグゼクティブシートを搭載。

 前述のガラススクリーン下部には、スマートフォンやタブレットの接続、Blu-ray再生が可能な26インチのディスプレイを配置しました。

 また2本のワインなどを入れることができる14Lの冷蔵庫も備わるなど最上級の“おもてなし空間”を堪能できます。

※ ※ ※

 なお、それぞれの中国価格は、オデッセイ エリートエディションが43万9800元(約863万円)、LM(ロイヤルエディション/4人乗り)が146万6000元(約2869万円)となり、3倍近い価格差が存在します。

 それでも、一部の中国ユーザーからは「装備的には比較出来る」、「アルファードやLMよりも安いので、勝負になるのでは?」という声も存在しています。

 盛り上がりをみせる中国高級ミニバン市場ですが、トヨタ&レクサスの牙城を崩すことが出来るのか、オデッセイ エリートエディションの行方に注目が集まります。