マツダは2023年9月4日、「CX-5」「CX-30」「MAZDA3」に特別仕様車を設定し予約受付を開始しました。レトロさとスポーティな雰囲気を組み合わせたモデルということですが一体どのような仕様なのでしょうか。

レトロでスポーティな特別仕様車が登場!

 マツダは「CX-5」「CX-30」「MAZDA3」に特別仕様車を設定し、2023年9月4日に予約受付を開始しました。発売は10月中旬から下旬を予定しているということです。

 今回特別仕様車の設定されたCX-5とCX-30はマツダの主力となるミドルサイズのSUVで、MAZDA3はセダンとハッチバックという2つのボディタイプを持つコンパクトカー。

 新たに用意された特別仕様車の名前は「レトロスポーツエディション」で、レトロモダンな世界観をテーマとし、マツダらしいスポーティさを融合させています。

 目を引くエクステリアのボディカラーには、特別仕様車のイメージカラー「ジルコンサンドメタリック」を採用。グリル周辺のシグネチャーウイングやドアミラー、ホイールはブラックで統一され、ボディカラーとのコントラストが映えるコーディネーションを実現しています(その他のボディカラーも選択可)。

 インテリアには、テーマでもあるレトロな雰囲気をいっそう強調するテラコッタカラーとブラックを組み合わせたほか、素材には滑らかな触感を楽しめる高品質なスウェード調の生地「レガーヌ」を組み合わせた2トーンシート(合成皮革)を搭載。

 さらにインテリア各所に施されるステッチにもテラコッタカラーの糸を採用したほか、MAZDA3やCX-30においてはデコレーションパネルにもレガーヌを使用し、特別仕様車ならではの上質感が味わえる仕様となっています。

 マツダはこの特別仕様車について、「これまでもマツダのスポーティなグレードはユーザーから好評を受けていました。今回設定されたレトロスポーツエディションは、新たな選択肢を提供することになるでしょう」と説明しています。

※ ※ ※

 今特別仕様車レトロスポーツエディションの価格(消費税込)は、CX-5が342万6500円から397万6500円、CX-30が316万6900円から367万8400円、MAZDA3(ファストバック)が285万100円から390万2800円、MAZDA3(セダン)が298万4300円から325万9300円です。