2023年の冬に再販されるホンダ「オデッセイ」ですが、ライバルとなるトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」と比較検討する人はいるのでしょうか。

まもなく発売の新型「オデッセイ」とトヨタ「アルヴェル」を比較する人はいる?

 ホンダのフラッグシップミニバンである「オデッセイ」が2023年の冬に再販されます。
 
 そこで気になるのが2023年6月にフルモデルチェンジを遂げたトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」というライバルの存在ですが、販売店には比較検討する人は来ているのでしょうか。

 今回、再販されるオデッセイは改良モデルとなります。

 見た目は、押し出し感と高級感のある新たなフロントグリルでさらに存在感を高めている他、シンプルでありながらも重厚感を感じさせるデザインとしました。

 パッケージはホンダ独自の超低床プラットフォームによるゆとりある空間を実現。

 さらにインテリアは、本革シートを標準装備。2列目には両側アームレスト付シート(4ウェイパワーシート&シートヒーター付き)で折りたたみ式の2列目シートセンターテーブルを採用しています。

 パワートレインは、それまで設定されていたガソリン車が廃止され、e:HEV (ハイブリッド)となることで、ガソリン車のみに設定されていた4WDもなくなるため、FFのみの駆動方式となるようです。

 グレードはベーシックタイプの「e:HEV ABSOLUTE」と上級タイプ「e:HEV ABSOLUTE・EX」そして、最上級タイプ「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」をラインナップ。

 このようにホンダの高級ミニバンとなるオデッセイですが、高級ミニバン市場にはアルファード/ヴェルファイアが存在します。

 アルファード/ヴェルファイアには、それぞれいくつかのグレードが存在する他、より上質な移動を求めたアルファードと、スポーティな走りを体感出来るヴェルファイアという個性も持っています。

 そのためパワートレインはアルファード/ヴェルファイアともに2.5リッターハイブリッド車を設定し、アルファードには2.5リッターガソリン車、ヴェルファイアには2.4リッターターボエンジン車というラインナップ展開も特徴的です。

 そんなオデッセイですが、販売店にはオデッセイについてどのような反響が寄せられているのでしょうか。

 またアルファード/ヴェルファイアと検討比較する人はいるのでしょうか。

各販売店に寄せられる声は? アルヴェルと比べる人はいる?

 現在、新型オデッセイに関しては先行予約受付が開始されていますが、現状について関東圏のホンダ販売店の担当者は、次のように話します。

「再販されるオデッセイについて、すでに多くのお問い合わせをいただいております。

 アルファードなどの他社モデルと比較されているお客様のお声をいただくこともあります。

 現在では実車の展示などは始まっていませんが、すでにご予約いただいたお客様は、先代のヴェルファイアからお乗り換えするとおっしゃっていました。

 オデッセイは他の高級ミニバンと比較して低床低重心な設計になっていますので、その走りの感覚や扱いやすさを評価いただきます。

 内装について『新しいオデッセイは豪華で、プレミアム感が出ていていいね』と言っていただけました」

 また、関西圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「オデッセイは現在、実車をご覧いただけない状況のなかでも、すでに多くのご予約をいただいています。

 今回は特に内装のグレードアップにご注目されているお客様が多い印象で『実際に車両が見られるようになったら予約したい』というお声もあります」

 このように、実際に先代ながらヴェルファイアから乗り換えるユーザーもいるらしく、確実にオデッセイの高級感あるインテリアは、魅力的なポイントとなっています。

※ ※ ※

 今後、オデッセイの詳細が明らかになることで、さらに注目が集まることになりそうです。