近年、中古車市場における国産スポーツカーの取引価格が高騰していると話題を呼んでいます。なかでも日産「スカイライン GT-R(BNR34型)」は高値で取り引きされています。今回発見されたのは、R34のなかでもさらに希少性が高いモデルです。

R34のなかでもさらに希少性が高いモデル

 近年、中古車市場における国産スポーツカーの取引価格が高騰していると話題を呼んでいますが、なかでも日産「スカイラインGT-R(BNR34型)」(以下R34)は別格の存在となっています。
 
 今回海外のオークションで発見されたのは、R34のなかでもさらに希少性が高いモデルです。

 中古車市場において、国産スポーツカーの価格は年々高騰しています。なかでも、1999年から2002年にかけて発売されたR34は特に高額です。

 なかでも、海外でも漫画やゲームとして人気が高い「湾岸ミッドナイト」や映画「ワイルド・スピード」などに登場するなど、世界的に人気が高いモデルとなっています。

 今回アメリカのオークションに登場したR34は、2000年式の個体で限定カラー「ミッドナイトパープルIII」の塗装がされた1台です。

 この限定カラーである「ミッドナイトパープル」は、スカイラインGT-R(BR33)で初めて設定されました。このカラーは、見る角度によって色合いが変化するというのが大きな特徴です。

 このエクステリアカラーを持つR34は、1999年式モデルに設定された「ミッドナイトパープルII」に加えて、2000年式モデルに設定された「ミッドナイトパープルIII」のみとなっており、ほとんど市場に出回ることがありません。

 現に「ミッドナイトパープルIII」のカラーが設定されている個体は、わずか193台と非常に希少性が高いことがわかります。

 また「GT-R(R35)」、「スカイライン(V37)」、「ジューク」などの特別仕様車にも「ミッドナイトパープル」が設定され、日産を代表するスペシャルなエクステリアカラーとしてファンの間でも高い人気を誇っています。

 しかし、いずれも生産台数はわずかであることから、モデルや年式を問わず希少性が高いカラーとなっています。

 今回発見された個体も、そんなミッドナイトパープルIIIのカラーが輝くように磨かれ、傷ひとつない極上の外観コンディションを保っています。

 インテリアも使用感がほとんどなく、23年前のクルマとは思えないほど良好な状態です。内外装ともにコンディションが良いことから、長年ガレージなどで大切に保管されていたことがうかがえます。

 走行距離は約14万7000kmと低くはないものの、エンジンルームや足回りなども非常に綺麗で、しっかりとメンテナンスがされてきている状態です。

 このR34はオークションにて、2023年10月27日に9万5000ドル(約1457万円)で落札されました。