九州中央道の山都中島西IC〜山都通潤橋IC間が開通します。

山都通潤橋ICまで開通

 国土交通省九州地方整備局熊本河川国道事務所は2023年11月1日、熊本県内の九州中央道が2024年2月11日16時に山都通潤橋ICまで延伸すると発表しました。

 九州中央道は、九州道の嘉島JCT(熊本県嘉島町)と東九州道の延岡JCT/IC(宮崎県延岡市)を東西に結ぶ全長約95kmの道路です。

 現在は、熊本側の嘉島JCT〜山都中島西IC間12.6kmと、宮崎側の雲海橋交差点〜平底交差点間(高千穂日之影道路)5.1km、蔵田交差点〜延岡JCT/IC間(北方延岡道路)13.1kmの3区間が開通しています。

 今回開通するのは、熊本側の山都中島西IC〜山都通潤橋IC間10.4kmです。道路は幅員12m、2車線で整備されます。通行は無料です。

 並行する国道445号(現道)には急なカーブや勾配、7m以下の幅の狭い箇所がありますが、九州中央道の延伸によりこれらの課題が解消されます。

 延伸区間の途中に設置される山都中島東IC(熊本県山都町)は県道を介して国道445号に、終点の山都通潤橋IC(同)は国道218号にそれぞれ接続します。

 山都通潤橋ICまで開通すると、山都町中心部や9月に国宝認定されたばかりの通潤橋をはじめ、弊立神宮、蘇陽峡といった名所へのアクセス性が向上します。

 嘉島JCTから山都町へのクルマの所要時間は、現況の26分から開通後は19分に。熊本市から延岡市までは約152分に短縮される見込みです。