マツダは「ジャパンモビリティショー2023」で「ICONIC SP」をお披露目しました。ロータリーエンジンを搭載した小型スポーツカーのコンセプトカーですが、どのようなモデルなのでしょうか。

ロードスターとRX-7の中間サイズのスポーツカー

 2023年10月28日から一般公開された「ジャパンモビリティショー2023」でマツダは、コンパクトスポーツカーコンセプト「MAZDA ICONIC SP(以下、アイコニックSP)」を世界初公開しました。
 
 低いシルエットとリトラクタブルヘッドライトを思わせるライトを身にまとったこのコンセプトモデルは、かつての「RX-7」を思い出させるモデルとして話題になりました。
 
 アイコニックSPとはどのようなモデルなのでしょうか。また、そこから読み取れるマツダのスポーツカーの未来はどうなるのでしょうか。

 マツダブランドの新たなアイコンとして製作されたアイコニックSPは、パワーユニットとして2ローターRotary-EVシステムを搭載。最高出力370馬力を誇り、2ローターのロータリーエンジンで発電したエネルギーをバッテリーに蓄え、モーターで駆動します。

 バッテリーが搭載されていると、スポーツカーとしては重たくなってしまうことに懸念を覚える人もいるかもしれませんが、このアイコニックSPは1450kgとバッテリーで駆動するクルマとしては比較的軽量に作られています。

 バッテリーの容量こそ明らかにされていませんが、「サーキット走行や週末のドライブも航続距離を気にせず楽しむことができる」と報道陣向けにおこなわれたプレスカンファレンスにおいてマツダ 代表取締役社長兼CEOの毛籠勝弘氏はコメント。

 さらに、災害時には家庭で必要な電力を1週間以上給電できるとのことなので、実用性も十分にあるバッテリー容量となっているようです。

 また、重量面でこだわったのは車重だけではなく、50:50という前後重量バランスも妥協していません。それはレイアウトの自由度が高いロータリーエンジンを用いたパワーユニットだからできたこと。

 視界の良さや理想的な重量配分、ボンネットの低いプロポーションなど、ロータリーエンジンのコンパクトさを生かした設計が随所にあふれています。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベース2590mmとなっています。

 全高の低さはコンセプトモデルならではでワイド&ローな印象ですが、全長はロードスターよりも長く、RX-7よりも短いという両車の中間サイズとなっていて、かなりにコンパクトです。

 そんな走りの良さを予感させるエクステリアが身にまとったボディカラーは「ビオラレッド」。赤を大切にしたいというマツダの想いをもとに、“前向きに今日を生きる人の輪を広げる”というマツダの企業理念を重ね合わせて作ったコンセプトカラーです。

 初代NAロードスターから明度と彩度を上げたカラーで、実物を見ると鮮やかで明るい色となっており、造形を際立たせる陰影感も生み出しています。

※ ※ ※

 1ローターのロータリーEVシステムを採用した「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」が登場し、ロータリーエンジンが復活したことを考えると、このアイコニックSPに近いモデルが市販化されることにも期待が持てます。

 このコンセプトカーが今後どのように進化していくのか、注目していきたいところです。