レクサスが、新型「LBX」の日本国内仕様を2023年12月下旬に発売すると発表しました。いわば“小さな高級車”とも呼べる新型LBXには、どのようなアクセサリーが用意されているのでしょうか。

LBXのアクセサリーとオプションは?

 レクサスは2023年11月9日、新型「LBX」の日本国内仕様を12月下旬に発売すると発表しました。高級車の概念を変えるサイズのヒエラルキー(階層構造)を超えた「次世代レクサスモデル」といいます。
 
 従来の価値観にとらわれない「小さな高級車」とも呼べる新型LBXには、どのようなオプションやアクセサリーが用意されているのでしょうか。

 新型LBXは、全長4190mm×全幅1825mm×全高1545mmのコンパクトなボディを持つSUVモデルです。

 パワートレインは、1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。駆動方式はFF(前輪駆動)とE-Four(四輪駆動)が用意されます。

 プラットフォームは、コンパクトカークラスのTNGA「GA-B」を採用していますが、レクサスならではの乗り味「Lexus Driving Signature」に基づいて大幅に改良し、高い操縦性と快適性を追求したといいます。

 ラインナップは「Cool(クール)」「Relax(リラックス)」「Bespoke Build(ビスポークビルド)」の3タイプで、それぞれインテリアの仕上げが異なり、ユーザー好みで選択が可能です。

 なかでもビスポークビルトは専用のインテリア表皮色やシートベルト色、ステッチ色の変更、加飾の追加などができるようにしてあり、外装色と組み合わせることで好みのコーディネートが可能なオーダーメイドグレードです。

 新型LBXの価格(消費税込)は、460万円から576万円です。なお、ビスポークビルドは100台の抽選となり、11月21日まで受付が行われます。

※ ※ ※

 新型LBXのメーカーオプションは、ボディカラーの一部や安全運転支援機能、デジタルキーなどお馴染みのものがそろっているほか、ビスポークビルドには、二律双生である柔らかさと耐久性を高次元で両立させた「L-ANILINE本革シート(運転席・助手席シートヒーター付)」(消費税込55万円)が設定されています。

 また、ビスポークビルドは「カラーヘッドアップディスプレイ(連動ステアリングスイッチ付)」(5万5000円)、「“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム+アクティブノイズコントロール」(25万1900円)、「アクセサリーコンセント」(4万5100円)が標準装備ですが、クール・リラックスには、オプションで付けられます。

 ディーラーオプションも、多彩なアイテムが用意されています。

 外装は、「ナンバーフレーム(フロント・リヤ)&ロックボルト(ロゴ入り)セット」(2万4860円)を設定。車両デザインとの一体感を重視し、ボディと同色・同質に仕上げています。ロックボルトはレクサスマークをあしらい、洗練されたデザイン性と高い機能性を両立させています。

「サイドバイザー」(3万7400円)は、ふくらみを限りなく抑えており、高速走行時の風切り音に配慮するとともに、引き締まったデザインとしています。

 内装は、リヤバンパーに「プロテクションフィルム」(1万5400円)を設定。荷物の積み降ろし時にリヤバンパー上部の傷付きを防ぐとともに、透明フィルムにLEXUSロゴを配してプレミアム感を演出しています。

「フロアマット(タイプA)」(9万200円)は、深みのあるブラックが足下を上質に演出。裏材(バッキング)には新開発のオーシャンプラスチックを採用し、環境に配慮しています。さらに裏面形状に改良を加え、優れた滑り防止機能と遮音性能を実現しています。

 このほか、「アルミホイール(タイプA)」(24万3100円、2024年1月発売予定)、レクサスロゴ入り「バルブキャップ」(5500円)、開けた時の傷付きを防ぐ「ドアエッジプロテクター」(1万1000円)なども用意されています。

 また、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが、モデリスタブランドのカスタマイズパーツを発表しており、低重心と安定感を生み出す「MODELLISTAアドバンストラグジュアリーパッケージ」(30万3600円)などを用意しています。