トヨタのミニバン「ヴェルファイア」の超豪華版「スペーシャスラウンジ コンセプト」が、「ジャパンモビリティショー2023」のトヨタ車体ブースに登場しました。SNSではどのような反響があったのでしょうか。

「ヴェルファイア・スペーシャスラウンジ・コンセプト」とは

「ジャパンモビリティショー2023」(JMS2023、2023年10〜11月開催)のトヨタ車体のブースに、「ヴェルファイア」の超豪華仕様である「スペーシャスラウンジ・コンセプト(Spacious Lounge CONCEPT)」が参考出品されました。これについてSNSではどのような反響が寄せられたのでしょうか。

 トヨタ車体は、トヨタのミニバン「アルファード/ヴェルファイア」など一部のトヨタ車の開発・生産を手掛けています。

 今回、そのトヨタ車体が出展しているヴェルファイア・スペーシャスラウンジ・コンセプトは、「大空間で快適に過ごしていただけるおもてなし装備・機能を備えた最上級ミニバン」であり、「座り心地を追求した専用のリアシート」「スイートルームのような高級感あふれる大空間」を備えるといいます。

 ボディサイズは全長4955mm×全幅1850mm×全高1945mm、ホイールベースは3000mmです。

 座席は、ヴェルファイアの市販モデルから3列目を取り外して2列4人乗りとしています。特にこのうち、座り心地を重視した専用リアシートが最大の特徴です。

 職業としての運転手が、クルマの所有者や会社の重役、政治家らを後席に乗せて走る「ショーファーカー」としても使えるよう開発されています。

 そういった用途も想定し、落ち着きのある空間を作れるほか、着替え時の目隠しにもなるよう1列目と2列目の間にカーテンを設置。

 2列目は、3列7人乗りに比べ約500mm広いスペースを確保し、さらに足元には荷物を置けるフロアトレイや冷蔵庫も設置しています。専用のじゅうたんは手作りといいます。

 目の前にはディスプレイが設置されており、移動しながらのウェブ会議なども可能。手元にはスマートフォン置きやテーブル、電源なども用意されています。

 ヘッドレストにはスピーカーが内蔵されており、臨場感あふれる音楽鑑賞も可能です。

 後部のラゲッジルームには専用のハンガーバーが設置されており、移動先に合わせた着替えにも対応します。

 このモデルについてSNSでは、「この色いいですね〜」「実物見ましたが良い色でした」と、ボディカラーの「プレシャスメタル」が好評な様子。

 さらに、「めちゃくちゃいい」「カッコイイしか言いようがありません」「この大きさで4人乗りはいい」「後席シートがスゴすぎる」と、肯定的な投稿が多く見られました。

 また、「個人的にはLMより需要ありそう」と、同じく4座仕様のあるレクサスの豪華ミニバンと比べる人もいました。

 トヨタ車体ブースのスタッフによると、ヴェルファイア・スペーシャスラウンジ・コンセプトの外装色は、日本国内の現ラインナップにないプレシャスメタルを採用しており、「このモデルから追加していきたい」「可及的速やかに(このモデルをラインナップに)入れていきたいと思っております。ご期待ください」とのこと。

 また、このモデルは、2023年9月6日のトヨタ新型「センチュリー」の発表時に同時展示されていた「ヴェルファイアPHEV」と同じ車両といい、ヴェルファイアのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルや、このスペーシャスラウンジ・コンセプトを市販化する可能性は大いにあるということです。