ホンダ「N-BOX」に設定されるありそうでなかった「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」とは、どのようなものなのでしょうか。

めちゃ…便利やん! ありそうでなかった「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」とは

 ホンダは軽自動車ラインナップとして「Nシリーズ」を展開しています。その中でも主力となるのが「N-BOX」ですが、2023年10月5日に3代目となる新型N-BOXを発売しました。
 
 日本で1番売れているクルマとなるN-BOXはどのような進化を遂げ、いま注目されているアイテムとはどのようなものなのでしょうか。

 新型N-BOXは3代目となり、質さが感じられるデザインに磨き上げるとともに広い室内空間はそのままながら開放感のある居心地の良い空間を実現したと言います。

 見た目では、標準となるN-BOXはシンプルな造形美を基本に、身の回りにある家電製品にも共通する丸穴デザインを採用することで身近さを表現。

 新型N-BOXCUSTOMでは、立体感のある緻密な造形のフロントグリルやフロント全幅いっぱいに広がる横一文字ライトなどにより、品格のある佇まいと性能の高さを表現したと言います。

 中身では、ダッシュボードをフラット化や窓ガラスを水平基調で連続させることで、開放的かつ姿勢や視線の乱れを少なくするなど運転しやすく、乗り物酔いはしづらいという工夫が盛り込まれています。

 パワートレインは、先代から継承しつつ刷新した自然吸気エンジンと、ターボエンジンをの2種類を設定。

 安全面でも先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車標準装備しています。

 そんな新型N-BOXですが、純正アクセサリーで注目を集めているアイテムがあります。

 それは「サンシェード内蔵大型ルーフコンソール」というもので、従来モデルにも設定されていた小物などを収納できるルーフコンソールにフロントガラスを覆うシェードを組み合わせたもので、世界初の装備です。

 最近のクルマの使い方として、コロナ禍以降では「車内を部屋のように使う」というカタチとして「移動オフィス」「車中泊」といったものが定番化してきました。

 そうした際に気になるのが外からの視線となり、プライバシー保護の観点からもシェードやカーテンなどは人気のアイテムとなっています。

 使い方としては、ルーフコンソールから内蔵されているシェードを取り出し、ダッシュボードに備わるパーツに固定することで使用出来ます。

 また、固定位置は、やや手前側となり、フロントガラスとの間には隙間が出来ますが、「運転席からあまり手を伸ばさなくても簡単に固定できる」、「ドライブレコーダーとの干渉を防ぐ」という意図があるようです。

 SNSでも「これはありそうでなかった!」、「めちゃ便利そう!欲しい」、「このアイテムN-BOX以外にも欲しい」といった声が多く見られ、注目度は高いようです。

 そんなサンシェード内蔵大型ルーフコンソールについて、ホンダアクセスの担当者は次のように話しています。

「商品の企画を開始したのはコロナ禍で、クルマの持つ『自由空間』としての価値が見直されつつありました。

 ユーザーの声を聞いたところ『後席で子供の着替えやオムツ替えをする』や『お化粧直しをする』といった声があり『気軽にプライベート空間をつくりたい』という声もありました。

 また従来のサンシェードであれば、つける・はずすの作業に加えて置いておく場所の問題もありましたが、これはルーフコンソールにに巻き上げて収納するため、そのあたりも楽になっています」

※ ※ ※

 なおホンダ「ステップワゴン」にも純正アクセサリーとして大型ルーフコンソールが設定されていますが、こちらは運転席・助手席の分割式です。

 しかしながら、前述の移動オフィスや車中泊のニーズはステップワゴンでも高いと言えますが、このシェード内蔵機能が展開されることは無いのでしょうか。

 前出とは別の担当者は「現時点では予定はありません。ただし、需要はあるとは思いますので、検討できればと思っています」と話しています。

 またホンダ車のみならず様々なモデルで今回のような純正シェードがあると、ますます車内を活用したライフスタイルの幅が広がるかもしれません。