レクサスは2023年11月9日、新型SUV「LBX」を12月下旬に発売すると発表しました。レクサスブランド最小のSUVとなる新型LBXですが、ヒエラルキーを超える豪華なインテリアにも注目が集まっています。

高級車の概念を変える「意欲作」!

 レクサスは2023年11月9日、新型「LBX」を発表するとともに、12月下旬に発売を予定していると公表しました。
 
 同車はレクサスブランドにおいて最小サイズとなる新型SUVですが、クラスを超えた豪華なインテリアと存在感のある外装を備えている点が特徴の一台だといいます。

 新型LBXは、高級ブランドのレクサスにありながら、「高級車の概念を変える、サイズのヒエラルキーを超えたモデル」をコンセプトとしました。

 ボディサイズは全長4190mm×全幅1825mm×全高1545mm、ホイールベースは2580mmと、従来のレクサスブランドには存在しなかった最小のサイズに、同ブランドが持つ技術を投入し、いわば“小さな高級車”を目指した挑戦的な意欲作といえます。

 車体の根幹をなすプラットフォームには、レクサス専用開発を施した「TNGA GA-B」を初採用。

 さらに直進安定性やコントール性を高めため、サスペンションやブレーキなどにも新型LBX専用のチューニングを施すことで、コンパクトな車体でありながらレクサスの提唱する乗り味「Lexus Driving Signature」とリニアな操縦安定性を実現しました。

 このような特徴的なモデルが誕生した経緯には、トヨタ会長の豊田章男氏による「これまでの高級車の概念を変える、コンパクトサイズながらも走りやデザインも上質な、“サイズのヒエラルキー”を超えたクルマをつくりたい」という想いが発端になったといいます。

 また、その想いは新型LBXの車名からも見て取れます。LBXとは「Lexus Breakthrough X-over」の頭文字で構成されており、まさに「従来の高級車の概念を打ち破る」ことを使命としたレクサスのSUVであることが示されているのです。

 そんな新型LBXは、車体の構造やダイナミックでエモーショナルなプロポーションとともに、同クラスのコンパクトSUVとしてかつてなく豪華な内装を備えていることも大きな魅力。

 インテリアに「COOL」「RELAX」「ELEGANT」「ACTIVE」「URBAN」の5つの世界観が表現されたグレード体系を採用し、本皮でしつらえたシートや内装トリムにはブラックやホワイト、さらにタンカラーも標準で用意します。

 そのうち日本仕様には当初COOL、RELAXと、後述する「Bespoke Build」をラインナップしました。

 内装の造形や素材の美しさを際立たせる特徴的な装備「アンビエントイルミネーション」は計64色からなる室内イルミネーション。美しい自然現象を見た際の感情や、気持ちの変化を表現したカラーによって室内を彩る光は、足元やセンターコンソール中央だけでなく、ドアトリムやセンターディスプレイ下部の小物入れにも設けられ、カラーを切り替え度に車内全体の雰囲気を大きく変化させることが可能です。

 さらに新型LBXの豪華内装の真骨頂といえるのが、インテリアの表皮・シートベルト・ステッチ糸など約33万通りのコーディネートから好みの仕様を創出できるオーダーメイドシステム「Bespoke Build」の設定。

 一切の妥協なく自分好みを追求したカスタマイズを施すことで、世界で唯一自分だけの一台を実現することができる、新型LBXならではのカスタムシステムです。

※ ※ ※

 この新型LBXの車両価格(消費税込)は460万円から576万円に設定されていますが、上記のビスポークビルドは100台のみの抽選となります。

 2023年11月9日から11月21日まで抽選を受け付け、当選者には順次連絡の上、商談が開始されるということです。