トヨタのタイ法人が、新型「ヤリスクロス」を発表し、あわせてアクセサリーパッケージとなる「モデリスタ」仕様も公開しました。SNSではどのような反響が寄せられたのでしょうか。

トヨタ新型「ヤリスクロス」“ド迫力仕様”発表

 トヨタのタイ法人は2023年10月4日、新型「ヤリスクロス」を発表し、あわせてアクセサリーパッケージの「モデリスタ」仕様も公開しました。SNSではどのような反響が集まっているのでしょうか。

 日本でヤリスクロスというと、コンパクトカー「ヤリス」とプラットフォームを共有するコンパクトSUVを想像しますが、海外には、デザイン、ボディ(シャシ)などすべてが異なる同名の新モデルが存在します。

 タイの新型ヤリスクロスも、フィリピンやベトナムなどと同様、この新モデルで日本のヤリスクロスよりも一回り大きな海外専売車です。

 ボディサイズは全長4310mm×全幅1770mm×全高1615mm、ホイールベースは2620mm、最低地上高は210mmで、日本のヤリスクロス(全長4185-4200mm×全幅1765mm×全高1580-1590mm、ホイールベース2560mm、最低地上高160-170mm)より一回り大きいものの、扱いやすいコンパクトなサイズであることに変わりはありません。

 エクステリアのコンセプトは「ソリッド&ダイナミック」。日本でも販売される「RAV4」とデザインの共通性が随所に感じられ、「縮小版RAV4」のようにも感じます。

 インテリアのコンセプトは「ROOMY×SPORTY」。ワイドでソフトなダッシュボードパネルを採用し、キャビンの広がりとクラスを超えた高級感を演出します。

 パワートレインは、システム最高出力111馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドシステム(2NR-VEX)を搭載し、e-CVTと組み合わさります。

 グレードはベースの「SMART」、ミドルグレードの「PREMIUM」、最上級の「PREMIUM LUXURY」の3種で展開。価格は、SMARTの78万9000バーツ(約327万円)から、PREMIUM LUXURYの89万9000バーツ(約368万円)までです。

 あわせて登場したアクセサリーパッケージの「モデリスタ」仕様は、専用のフロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパーが用意されより迫力あるデザインとしています。モデリスタ仕様の価格は2万2900バーツ(約9万3000円)です。

 この新型ヤリスクロスについて、SNSでは、「これ日本でも出ないかな」「日本でもこのデザインで出してくれ!」と、国内導入を希望する声が。

 また、「ロッキーみたいな顔つきですね」「RAV4そっくり」「タイのモーターショーの写真を見ると、こういうエアロパーツ好きなのがよく分かる」などの投稿もありました。