スバルの新型SUV「レヴォーグ レイバック」には、さまざまな純正アクセサリーが用意されました。どのようなカスタマイズが楽しめるのでしょうか。

新型「レヴォーグ レイバック」をカスタムしたら?

 スバルは新型SUV「レヴォーグ レイバック(以下、新型レイバック)」を2023年10月25日に正式発表しました。
 
 新型レイバックはステーションワゴンの「レヴォーグ」をベースとし、先進安全・スポーティ・ワゴン価値の3つの価値に加え、SUVの価値である自在性と上質さを兼ね備えたモデルとして登場。
 
 スバルの豊富なSUVラインナップのなかで、唯一の都会派SUVとして、日本市場向けに新たに開発されました。

 外観は、これまでのスバルSUVが持つ「ラギットさ」とは異なる独自の世界観を表現。ヘッドランプまでつながるウイングを持つフロントグリルとフロントバンパーを一体感のある造形とすることで、フロントマスク全体をゆとりあるデザインに仕上げています。

 内装は、レヴォーグと共通ですが、ブラックとアッシュカラーを組み合わせたインテリアカラーを採用しており、明るく華やかな印象となりました。

 そんな新型レイバックには、より一層プレミアムにカスタマイズできる純正アクセサリーが用意されています。

 なかでも人気なのが「フロントグリル」です。スバル純正アクセサリーの担当者によると、「グリルの中を夜空に例えて、星に見立てたデザインを実現した」といいます。

 通常仕様の新型レイバックのグリルは、エンブレムを中心に両サイドにサテンメッキのガーニッシュが備わりますが、アクセサリーのフロントグリルはダークメッキのパーツを配置。

 このメッキパーツをつなげると小さい六角形になり、いくつも重ねることで立体感を生み出しているのですが、ツヤ消しブラックのベース部もつなげると六角形になるという、凝ったデザインが施されました。

 フロントグリルの装着率は20%にも上るといい、購入者の5人に1人がチョイスする人気アクセサリーのひとつとなっているようです。

 ほかにも注目のアクセサリーとして、ターコイズブルーのアクセントが施された「18インチアルミホイール」があります。

 2023年1月に開催された「東京オートサロン2023」にスバルが参考出展した「クロストレック ブーストギア コンセプト」にも使われていたターコイズブルーを、実際の商品に落とし込んだもの。新型レイバックのオリジナルホイールとして新たに開発されました。

 クロストレック ブーストギア コンセプトは本格的なアウトドア仕様に仕立てられていましたが、新型レイバックは都会派SUVということもあり、ホイールのアクセントとしてターコイズブルーが取り入れられています。

 ターコイズ(トルコ石)にはさまざまな石言葉があり、なかでも「旅の安全」という意味が、スバルが掲げる「安心・安全」と通じることから、ターコイズブルーのアクセサリーの開発に至ったといいます。

 ターコイズブルーのアクセントは、サイドアンダースカートのワンポイントとしても取り入れられており、新型レイバックのサイド部をさりげなく彩ります。

 ほかにも、「フロントバンパースカート」や「リアバンパースカート」、「ホイールアーチクラッディング」といった純正アクセサリーが用意され、新型レイバックを個性的に演出することが可能です。

※ ※ ※

 純正アクセサリーの設定に加えて、新型レイバックにはスバルのモータースポーツ部門を担当するSTI(スバルテクニカインターナショナル)のエアロパーツも用意されます。

「リアルモータースポーツ・エアロ」というコンセプトのもと、「STIフロントアンダースポイラー」「STIサイドアンダースポイラー」「STIリヤサイドアンダースポイラー」「STIリヤンダースポイラー」の4点をSTIエアロパッケージとして設定。

 ボディの前後・サイドに装着することにより、低重心でスポーティなスタイリングを実現します。

 さらに、ルーフエンドスポイラーや「STI」ロゴが施されたマフラーやアルミホイール、チェリーレッドのステッチ入りのシフトノブといったSTIの各種パーツもラインナップされます。