ダイハツが第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」に出展した軽商用ワンボックスバンのコンセプトカー「UNIFORM Cargo(ユニフォームカーゴ)」に対し、市販化の期待を寄せる声が集まっています。どういったコメントなのでしょうか。

コンセプトなのに「現実味あり!」で大人気!

 2023年10月28日より11月5日まで開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」でダイハツは、軽商用ワンボックスバンのコンセプトカー「UNIFORM Cargo(ユニフォームカーゴ)」を出展し「軽商用車の未来像」を提示しました。
 
 BEV(バッテリーEV:電気自動車)のコンセプトカーですが、SNSなどでは「現実味を感じる」などと様々な反響の声が寄せられているようです。

 ユニフォームカーゴは、軽商用車を知り尽くしたダイハツだけに、コンセプトカーながらも現実味がある「軽商用車の未来像」を提示しています。

 ダイハツでは「働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車である」と定義し、機能を追求し、かつシンプルに設計されているのが特徴といえます。

 外観は、フラットな面のボディおよびルーフレール状の黒いモールディングと連続して構築されるフロントグリルで構成され、シンプルながらどこか懐かしさも覚えるデザインです。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1920mm、ホイールベース2450mmで軽規格に収まる寸法となっています。

 内装も、外観と同じく極めてミニマルな構成で、内部構造が見える空調システムや露出する空調パイプなど、通常ではダッシュボードで隠される内部構造が明らかにされているのも特徴です。

 荷室の壁面には、ビジネス・プライベート双方で便利に活用できるユーティリティナットを多数設置するほか、畳むとフラットな床に早変わりするリアシートなどを装備し、すぐにでも市販できそうな細かな作り込みが行われています。

 さらに大きなバッテリーを搭載するBEVの利点を生かし、移動店舗などでも活用できる外部給電機能が備わっているのも特徴です。

 そのため商用だけではなく、個人が購入してもアウトドアレジャーや車中泊で大活躍しそうな現実味が感じられるのでしょう。

 実際、SNSなどではユニフォームカーゴに対し、期待を寄せる様々な声が集まっています。

実現するのはそう遠くないのかも!?

 なかでも「シンプルだけど欲しくなる」「今すぐ売って欲しい」「いいね!をたくさん押したい気分」など、まず見た目から直感的に好印象を受けた人が多いようです。

 また、アメリカの一部のマニアが軽トラックを熱烈に支持していることから「アメリカで売れば人気でそう」などと指摘する声も。

 さらに「電源があれば車中泊するのにも便利そう」「大人2人寝るのに十分では」と、アウトドア用途やキャンピングカーとしての活用方法に夢を膨らませている人もいました。

 一方で「中国などでは同等のサイズの小型EVトラックやバンが普及している。早急に市販すべきでは」との声もありました。

 ダイハツでは現在、「ハイゼットカーゴ」をベースにしたBEVモデルの軽バンプロトタイプをトヨタ、スズキとの3社共同で開発。

 5月に実車を初公開し、今回のJMS2023会場にも出展するとともに、2023年度中の市場導入を目指している最中です。

 同時に出展された軽トラックのコンセプトモデル「UNIFORM Truck(ユニフォームトラック)」と共に、ユニフォーム カーゴの市販化が実現する日が来るのも、そう遠くないのかもしれません。