スバルは主力SUV「フォレスター」を全面刷新し米国で世界初公開しました。新旧モデルの違いについて紹介します。

寸法拡大以上に「大きく立派に見える」秘密とは

 スバルは、米国で開催される「ロサンゼルスオートショー2023」で2023年11月16日(現地時間)に、6代目となる新型「フォレスター」を世界初公開しました。
 
 現行型(5代目)フォレスターからどのような進化を遂げたのでしょうか。新旧モデルを比較します。

 フォレスターは、当時米国などで市場が拡大しつつあったSUVカテゴリーに向け、1997年2月に誕生しました。

 当初はステーションワゴンのイメージを残し、スバル独自の水平対向エンジンやAWD(四輪駆動)、そして比較的低い全高がもたらすスポーティな走行性能を特徴としていました。

 2007年12月登場の3代目からは全高を高めるなどし、ボディサイズを拡大。室内や荷室空間も広がり、実用性を向上させています。

 さらに2012年登場の4代目からは、スバル独自のステレオカメラを用いた運転支援機能「アイサイト」を搭載したほか、エンジンやリニアトロニックトランスミッション、駆動系などを統括制御する「X-MODE」も採用し、悪路走破性なども高めました。

 現行型は、2018年3月の米国・ニューヨーク国際オートショーでデビューした5代目です。

 これまで歴代モデルが培った高い走行性能や安全性、そして実用性を継承しながら、スバルの最新「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用し、車体剛性の最適化を図ることで走行安定性を高めると共に、衝突安全性も向上させています。

 パワートレインは当初、2.5リッター水平対向4気筒ガソリンエンジンと、2リッター水平対向エンジンに小型モーターでアシストするマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER(イーボクサー)」を設定し、四輪駆動と組み合わせたシンメトリカルAWDを採用。X-MODEなども引き続き搭載されました。

 なお国内仕様ではのちに、1.8リッター水平対向直噴ターボエンジン搭載の「SPORT」も追加されています。

 こうしてフォレスターは5世代にわたり、米国だけでも累計260万台以上を販売したヒット作となり、スバルの最量販モデルのひとつへと成長を遂げました。

 そして今回、主力の市場である米国で世界初公開されたのが、およそ6年ぶりのフルモデルチェンジとなる6代目の新型フォレスターです。

 発表された新型フォレスターのボディサイズは、全長4656mm×全幅1829mm×全高1730mm、ホイールベース2670mm(米国仕様、インチ表記を換算)。

 現行型(5代目)のボディサイズは、全長4640mm×全幅1815mm×全高1715-1730mm、ホイールベース2670mm(日本仕様)で、全長で約16mm、全幅で約14mm大きくなっていますが、外観からはさらに大きくなった印象を受けます。

 スバルはこのエクステリアデザインについて「頑丈かつ堂々とした存在感を感じさせるデザインとしました」と説明します。

 現行の5代目も発表時には「SUVらしいたくましさや機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現しました」としていましたが、新型はその“たくましさ”をさらに強め、存在感を高めたことが伝わります。
 新型フォレスターの存在感を最も印象付けるのがフロント周りです。

 小型化されシャープになった左右のLEDヘッドライトユニットとフロントグリルを、エンブレムを中心にしたシームレスな一体化型デザイン形状としたことで、より大きく立派なマスクとなりました。

 有機的な形状のフロントバンパーから続くスクエアなフェンダー部もワイド感を強め、さらにボンネットフード位置が高められフラットな形状に改められたことも、新型が「大きくなった」と感じさせる一因でしょう。

1年後には「ハイブリッド」も追加決定!

 ボディサイドは大きな窓まわりが印象的で、現行型同様に室内からの視界の良さが伝わるとともに、室内空間の拡大も期待されます。

 リアまわりは、現行型が後方に向けてリフトアップするような形状で、躍動感あるスタイルだったのに対し、新型フォレスターではボリューム感が全体にアップしました。

 リアウィンドウの傾斜も抑えられており、新型フォレスターの荷室空間は大幅に拡大していることが伝わります。

 新型フォレスターでは内装のデザインレイアウトを改め、SUV らしい頑丈さと安心感を表現するとともに、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置し、実用性と利便性を高めています。

 新型フォレスターは、プラットフォームや足回りなども進化しています。

 現行型のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)をベースに、フルインナーフレーム構造の採用や、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性を向上させました。

 また2ピニオン電動パワーステアリングを採用し、ダイレクトで視線な操舵感とリニアなフィーリングを実現。

 さらにアクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新、駆動力配分をより最適化したことで、安心感のある走りと操舵の気持ちよさを両立させたといいます。

 こうした性能向上を重ねたことで、スバルでは「従来型よりさらに高いレベルの動的質感を実現しました」と説明しています。

 スバル独自のアイサイトも、ステレオカメラと単眼広角カメラを用いた“3眼”のアイサイトを新たに搭載。

 自車速度が低速時に二輪車や歩行者を認識できる単眼カメラを採用することによってプリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現しました。

 加えて、電動ブレーキブースターを採用し、プリクラッシュブレーキで急な飛び出しなどへの応答性を向上させ、全車速追従機能付クルーズコントロール使用時に急な先行車の割り込みなどに対しても素早い減速も実現しています。

 さらに、ドライバー異常時対応システムを採用。車線中央維持制御・先行車追従操舵制御の作動中にドライバーが長時間ステアリング操作をおこなわなかった場合、車両を停止し、ハザードランプを点灯させてドアをロック解除し、その後「スバル STARLINK コネクティッドサービス」が緊急通報する仕組みを取り入れました。

 北米仕様のパワートレインは、2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。現行型に比べ、振動や騒音を低減し動的質感を高めたといいます。

 またロサンゼルスオートショー2023会場で11月16日(現地時間)に行われたスバルの発表会見では、1年後にハイブリッドモデルを追加することも明らかにしています。

 性能などの詳細については公表されていませんが、ライバル各社で電動化モデルのラインナップ展開が進むなか、従来のe-BOXERとは異なる本格的なフルハイブリッドシステムの搭載が大いに期待されるところです。

※ ※ ※

 スバルによると、米国における新型フォレスターの発売は2024年春以降とのこと。

 グレードは「Base」「Premium」「Sport」「Limited」「Touring」の5タイプが設定されます。

 一方日本における新型フォレスターの発売時期については、まだ明らかにされていません。

 ハイブリッドモデルの追加も含め、日本での動向についても注目されるところです。