スーパーカーをDIYで再現するベトナムのユーチューバーグループ「NHET TV」が、パガーニ「ウアイラ」再現モデルの製作過程を記録した動画を公開しました。どのようなモデルに仕上がっているのでしょうか。

7億円超えスーパーカーをDIYで再現

 スーパーカーをDIYで再現するベトナムのユーチューバーグループ「NHET TV」が、パガーニ「ウアイラ」再現モデルの製作過程を記録した動画を公開しました。

 Vu Van Nam氏を中心とするNHET TVはベトナムで農家を営むかたわら、ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」やブガッティ「シロン」、フェラーリ「488GTB」「ラ・フェラーリ」などを自作で再現。今回、イタリアのスーパーカー、パガーニ「ウアイラ」の再現モデル製作に着手しました。

 ウアイラはイタリアのパガーニ・アウトモビリが2011年に発表したスーパーカーです。

AMG製6リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最大出力730馬力、最大トルク1000Nmを発生。0-100km/h加速3.2秒、最高速度は370km/hに達します。

また、カーボンとチタンを組み合わせたモノコックフレーム、エレガントな曲線を描く軽量カーボンボディ、アルミやカーボン素材を活かした美しいインテリアなど、「走る芸術品」とも例えられています。

 中には7億円を超えるモデルも存在するという、価格もスーパーなこのウアイラ、当然気軽に買える代物ではありません。「買えないならつくってしまえ!」

またまた、そんなノリでDIYウアイラの製作が始まりました。

まずはボディ製作用の型採りフレームを金属パイプで組み立てます。フレームに薄い鉄板などを貼りつけ、その上に粘土を盛り付け。

丁寧に形状を整え、ウアイラのフォルムを再現します。このフレームを使って、FRPボディを形成。粘土の上に樹脂を塗布し、グラスファイバーを貼り付けます。

硬化した後、ボディカウルを整形。ボディに下地塗装をして、ヘッドライトなどを取り付けて完成させます。

 実際に再現モデルで使用するフレームもDIY。スチールパイプを溶接して組み上げます。サスペンションアームやドライブシャフトも自作で、エンジンは車種判別不明なほど古いトヨタ車のものをドライバーズシート後ろにしっかりとミッドシップ搭載している凝りようです。

迫力のガルウイングや前後計4枚の可変式フラップ、個性的な形状のフェンダーミラーなど、ディテールも忠実に再現しています。

 彼らのDIYスピリットはエクステリアだけには留まりません。再現の難しいインテリアにもチャレンジします。

インパネやメーターフードに加え、バケットシートなどもFRPで自作。ステアリングは鉄パイプとパテで実車の形状を再現しています。

 高価なアルミやカーボンをふんだんに用いた実車には及びませんが、DIYの限界をも超えたと思わせるインテリアの仕上がりは必見です。

 DIY再生モデルをつくるたびにスキルアップし、再現度を高めている彼ら。コメントにも次回作へのリクエストが多数寄せられています。次回はどんなモデルを再現してくれるのか、期待が高まりますね。