2023年9月21日に公式ホームページでホンダは新型「アコード」を先行公開しました。実際に販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

新型アコードがカッコいい! 特徴は?

 ホンダは新型「アコード」を2023年9月21日に公式ホームページで先行公開しました。
 
 先代モデルの販売終了から約1年半ぶりに復活しました。販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

 先代モデルがラインナップから消えたことで、一時的にホンダの日本市場におけるセダンが消滅していましたが新型アコードの発表によって復活しました。

 アコードは、これまで日本をはじめ北米や欧州などでも販売するなど主力モデルとして高い評価を受けており、スタイリッシュなデザインや高い走行性能が魅力。

 今回日本で発売される新型アコードは11代目となり、北米では2022年11月に世界初公開。その後、2023年1月からアメリカやメキシコ・中国では販売が開始されています。

 日本では先行予約が2023年12月から開始されて、2024年春からの発売が予定されています。

 また、発売に先駆けて新型アコードを見たいと考えているユーザーのために11月から2月まで全国各地で特別展示が行われる予定です。

 新型アコードのボディサイズについては明確に発表されていませんが、北米仕様車のボディサイズ全長4970mm×全幅1861mm×全高1450mmとなることから、同等と予想されています。

 デザインはフロントに、フルLED化を採用した薄型フロントヘッドライトを採用。

 堂々とした佇まいと流麗なシルエットがデザインされているため、従来のロー&ワイドなプロポーションを継承しています。

 インテリアは統一された水平基調で広い視界を確保しているのに加えて、手に触れやすい車内部分はソフト素材を採用して上質で高級感のある雰囲気に仕上げられています。

 運転している最中でもリラックスできるように細かい部分まで工夫されているため、開発コンセプトとしても心地よくてくつろげる空間が目的です。

 パワートレインは、システム総合出力204馬力を発揮する2リッターガソリンエンジンに2モーターを組み合わせるハイブリッド「e:HEV」を組み合わせています。

 さらに最新の安全技術「ホンダセンシング 360」や先進装備も搭載。

 日本での具体的な販売価格などは明言されていませんが、先代モデルが約470万円程度だったたことに加えて、最新の安全技術や先進装備を搭載した点を考慮して500万円強程度だと予想されています。

ホンダ新型アコードの発表で販売店に反響はある?

 そんな新型アコードについて、販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。関東圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードに対して、ありがたいことに多くの反響をいただいております。

 現時点では先行展示を順次行っている段階ですが『早く実車が見たい』と仰っていただく機会がありました。

 特に、先代のアコードに乗られているお客様からのお問い合わせが多い印象で『アコードを継続してくれて嬉しい』と言ったお声をいただいております。

 なかには『ワゴンは復活しないの?』と言ったお客様のお声もありました」

 また、関西圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードは、正式な発表がされていない段階ではありますが、ありがたいことにすでにお客様からお問い合わせをいただいております。

 エクステリアのデザインについて高く評価していただいている印象で『スポーティでいいね』と言ったお声をいただいております。

 また『ラインナップにセダンが復活して嬉しい』とのお声もいただきました」

※ ※ ※

 セダンの需要は全体的に下がりつつありますが、セダンには長く乗り続けている根強いユーザーも少なくありません。

 実際に新型アコードが発表された後には販売店にも問い合わせが寄せられていたり、SNSでも好意的な意見が寄せられていたりと注目を集めています。