インドネシア法人はコンパクトセダンの新型「シティ」を発表・発売しました。日本ともゆかりのあるシティの登場に、日本ユーザーからさまざまな反響が寄せられています。

すでに7代目!? 発表された新型「シティ」はどんなクルマ?

 ホンダのインドネシア法人は、コンパクトセダンの新型「シティ」を2023年10月9日に発表、同日に発売を開始しました。
 
 では日本ユーザーからはどんな反響が集まっているのでしょうか。

 シティといえば、日本で1981年に登場したコンパクトハッチバックを想像する人も多いかもしれません。

 日本では1995年に2代目で終了となりましたが、実は国外では現在も同じ車名のクルマが展開されています。

 国外で展開されるシティの現行型は2019年に登場した7代目で、日本での展開はありません。

 ボディ形状はコンパクトセダンに変化していますが、ブラジルなど一部の市場では、ハッチバックモデル「シティハッチバック」も別に存在します。

 そして今回インドネシアで発表された新たなシティは、7代目セダンのマイナーチェンジモデルです。

 ボディサイズは全長4580mm×全幅1748mm×全高1467mmと、国内で販売されているクルマのなかでは、トヨタ「カローラ」ほどのサイズ感で、ホイールベースは2589mmに設定されています。

 エクステリアは、フロントグリル、フロントバンパー、リアバンパー、アロイホイール、LEDフォグランプのデザインが刷新され、よりスポーティでエレガントな印象に。

 インテリアは、最新の4.2インチインタラクティブTFTメーターが装備されるほか、2列目にはUSB Cポートが2つ追加されました。

 パワートレインは、最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターガソリンエンジンを搭載。これに組み合わされるトランスミッションはCVTです。

 機能面では、オートヘッドライト機能や、ユーザーがクルマから離れるときに車両をロックする「ウォークアウェイオートロック」機能、2列目シートの忘れ物をドライバーに知らせる後部座席リマインダーを装備しました。

 先進安全装備としては「Honda SENSING」を搭載。衝突被害軽減ブレーキ (CMBS)や、オートハイビーム (AHB)、車線維持支援システム (LKAS)、先行車逸脱通報システム (LCDN)、道路逸脱軽減装置 (RDM)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)が含まれています。

 ボディカラーは、プラチナ ホワイト パール、メテオロイド グレー メタリック、クリスタル ブラック パールの 3 色。価格は3億9990万ルピア(約384万円から)です。

※ ※ ※

 シティの登場に、かつて日本に存在したシティを思い出し「運転しやすく感覚も掴みやすいクルマだった」と語る一方「セダンの良さを再発見したな」「きれいなスタイルですね」といった声が見られるほか、「ある程度価格を抑えて、ホンダの小型セダンとして出てくれると嬉しいな」と日本への導入を要望する声も。

 しかし「いいクルマって思うけど日本でのセダンの需要はなあ…」の声や、「価格高いなー」など、さまざまな反響が寄せられていました。