アルパインから、30系後期アルファード/ヴェルファイアの純正ディスプレイオーディオ装着車用の11型大画面カーナビ「ビッグX 11 アップグレード」が発表されました。

30系後期アルヴェルオーナーの強い要望を製品に反映

 アルプスアルパインとその国内マーケティング部門であるアルパインマーケティングは、2023年11月28日に行われたプレス向け新製品発表会にて、30系アルファード/ヴェルファイアの純正ディスプレイオーディオから交換できる、11型大画面カーナビ「ビッグX 11 アップグレード」を2024年1月に発売すると発表しました。

 30系アルファード/ヴェルファイアは、2023年6月にアルファード/ヴェルファイアが通称”40系”にフルモデルチェンジし、先代モデルとなった今もなお人気の高いラグジュアリーミニバンです。

 しかし、30系アルファード/ヴェルファイアは2019年12月のマイナーチェンジで純正ディスプレイオーディオが標準装備となり、通称“30系後期”モデルからはカーナビゲーションをはじめとした市販のカーエレクトロニクス製品の装着ができなくなったことから、こだわるオーナーからは純正ディスプレイオーディオの交換に対する強い要望が上がっていたと言います。こうした声を受けアルパインでは、2020年に直営店である「アルパインスタイル」において純正ディスプレイオーディオの移設による大画面カーナビ「ビッグX」の取り付けを実現。2021年からは、純正ディスプレイオーディオからの交換タイプを製品化し、顧客から大変喜ばれたとしています。

 今回発表された「ビッグX 11 アップグレード」は、これまでアルパインスタイル店舗でのインストールノウハウを生かしたもので、9型の純正ディスプレイオーディオから11型の大画面カーナビである「ビッグX 11 アップグレード」に交換することで、ナビゲーション、エンターテインメントをはじめとした大幅なアップグレードを目指したとのことです。

 エンターテインメントのアップグレード内容としては、DVDやCD、地デジ放送やSDに対応し、HDMI接続によりスマホやストリーミングデバイスの映像も再生できるフルメディア対応。ワイヤレスApple CarPlayや、Android Auto、Amazon Alexaにも対応し、ハイレゾ対応の高音質や車種専用チューニング、さらには後席モニターなどでシステムをアップグレードすることが可能としています。

東海理化との共同開発により車両機能コントロールを実現

 さらに「ビッグX 11 アップグレード」は、トヨタグループの電装部品メーカーである東海理化との共同開発により、国内の市販カーナビゲーションでは初となるエアコンや、リアスライドドアやバックドア開閉などの車両機能コントロールを実現。先進感のあるアニメーションでのインターフェースにより、車両の機能を11型大画面で快適にコントロールすることが可能で、先代モデルとなった30系アルファード/ヴェルファイアがアップグレードにより新たな車両として生まれ変わるとしています。

 また、ドライバーごとにシートポジションやブレーキホールド、エコモードやストップ&スタートキャンセルの設定を保存できる「パーソナライズ設定」も搭載しており、エンジンを切るごとに設定が初期化されてしまう煩わしさを解消したとのことです。

 純正ディスプレイオーディオ装着車専用「ビッグX 11 アップグレード」の「EX11NX2-AV-30DA-UP」は、2024年1月中旬の発売を予定し、価格はオープンですが、想定実勢価格は35万円前後とのことです。また、DVD/CD/SDといったメカ搭載なしモデルである「EX11NX2S-AV-30DA-UP」は、想定実勢価格34万円前後を予定しており、発売は2024年春を予定しているとしています。

 また、同時に発表された30系アルファード/ヴェルファイアの前期型に適合するオーディオレス仕様車専用モデル「EX11NX2-AV-30-UP」は想定実勢価格33万円前後で2024年1月中旬の発売を予定。メカ搭載なしモデルの「EX11NX2S-AV-30-UP」は、想定実勢価格32万円前後で2024年春の発売を予定しています。

「デリカミニ」と「ハイエース」専用製品の展示も

 今回の発表会では、デリカミニ専用の10型大画面カーナビBIGXの「EX10NX2-DM-AM」を搭載したデリカミニと、ハイエース専用の「OPTMサウンドシステム」を搭載したデモカーも展示されました。

 デリカミニを選択するオーナーはこだわりを持った人が多く、デリカミニ購入者の約半数が純正ナビを装着せず”オーディオレス仕様”を選択すると言います。「EX10NX2-DM-AM」は、デリカミニ専用デザインの10型大画面・高画質&キーパネルを採用。Apple CarPlay/Android AutoやAmazon Alexaを搭載しスマホ連携に対応したほか、DVDや地デジも楽しめるとしています。また、純正マルチアラウンドモニターにも対応しており、純正の機能を損なわずに、こだわりを持ったユーザーが満足できる製品になっているとのことです。オープン価格で、2024年1月の発売を予定しています。

 ハイエース専用の「OPTMサウンドシステム」は、「8ch DSCパワーアンプ」「ルーフスピーカー」「フロントドアウーファー」「専用バッフルボード」「専用取り付けキット」をセットにした、ハイエース専用にチューニングされたサウンドシステム。音のチューニングは、スマホのマイクを使用するため設定は5分で完了するとしており、価格は21万7800円(税込み)で、2023年11月28日から販売を開始しています。