マツダの北米法人マツダノースアメリカンオペレーションズは2024年1月30日(現地時間)、2列シートSUVの新型「CX-70」を発表しました。まず米国およびカナダで2024年春より発売されます。SNSなどでは早くも反響も寄せられているようです。

北米のアクティブなユーザーに向け開発された新型2列シートSUV

 マツダの北米法人マツダノースアメリカンオペレーションズは2024年1月30日(現地時間)、新型クロスオーバーSUV「CX-70」を世界初公開しました。
 
 同社が2022年から2024年にかけて展開する4車種の新世代SUVシリーズ「ラージ商品群」の第3弾となるニューモデルで、主に北米市場をターゲットにした2列シートSUVです。

 マツダは2021年10月に「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表し、後輪駆動ベースで新開発された新世代アーキテクチャーを用いたラージ商品群の存在を明らかにしました。

 道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本市場向けには、車幅などを抑えた2列シートSUV「CX-60」と3列シートSUV「CX-80」を用意。

 より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場向けには、ワイドボディ2列シートSUV「CX-70」と、ワイドボディ3列シートSUVの「CX-90」を順次ラインナップしていくとしています。

 その後2022年9月に日本でCX-60が、その後2023年1月に北米でCX-90がそれぞれ発表済みでした。

 今回第3弾として新たに発表されたCX-70の導入により、北米市場で2列シートミッドサイズSUVセグメントへの新規参入を図ります。

 開発コンセプトは「Passion Pursuer(情熱の探求者)」。アクティブなユーザー層に合わせ、スポーティなデザインと、ゆとりある実用的な荷室空間を特徴とします。

 外観は、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)−SOUL of MOTION」をもとに、生命感を表現したデザインとし、力強い造形の前後バンパーや新デザインの21インチアルミホイール、各所に施された黒色パーツなどを特徴とします。

 内装は、鮮やかさと深みをあわせもつ赤系色のバーガンディ基調のインテリアカラーをはじめ、ブラック、グレージュ、タンの各カラーを用意し、アクティブなライフスタイルを表現しました。

 荷室は、リアゲート側から2列目のシート格納が電動で操作可能な電気式のリモートフォールド機能を採用したほか、2列目シート折りたたみ時でもリアの掃き出し口からフラットになる床面や、3つの床下収納スペースなど、高い実用性を誇ります。

「赤内装」がオシャレと早くも評判に

 なお新型CX-70のボディサイズは、今回明らかにされていません。

 ちなみに先行発表されたワイド版3列シート仕様、CX-90(米国仕様)のボディサイズは、全長約5121mm×全幅約1994mm×全高約1745mm(シャークフィンアンテナ含む)、ホイールベース約3119mm。

 ナロー版2列シート仕様、CX-60(日本仕様)は全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、ホイールベース2870mmで、新型CX-70はこの2モデルのサイズ差を埋める大きさとなることが予想されます。

 米国仕様のパワートレインは、3.3リッター直列6気筒ガソリンターボエンジンにM Hybrid Boostを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様「e-SKYACTIV G3.3」と、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)システム「e-SKYACIV PHEV」の2タイプを設定します。

 北米市場でのトレーラーけん引需要の高さに合わせ、トレーラーの連結をサポートする「トレーラーヒッチビュー」を装備し、5000lbsのけん引能力に加え、PHEVモデルでは1500Wの給電機能も備えるなど、アクティブなアウトドアユーザーのニーズに応えます。

 安全面では、マツダ独自の高度運転支援技術コンセプト「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」に基づいた最新機能を装備。

 手放し運転やドライバーの閉眼や脇見を検出した場合にドライバーへの注意喚起を段階的に行う、最新の「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)緊急停止支援機能付」を搭載しました。

※ ※ ※

 世界初公開されたばかりの新型CX-70ですが、SNSなどでは早くも反響の声が寄せられています。

 まず外観に対し「いいデザイン」「顔が違ってカッコいい」など、スタイリングへのコメントが多く見られますが、いっぽうで「赤内装がオシャレ!」「アメリカっぽくてステキ」などと、新型CX-70に新設定されたバーガンディのインテリアカラーに驚く声も見られます。

 国内向けのCX-60には未設定の内装色のため「日本でも欲しい」との意見もありました。

 今回発表された新型CX-70は、米国およびカナダで2024年春に発売した後、以降メキシコとオーストラリアでの展開を予定しています。

 ラージ商品群はこれで3モデルが公開され、未発表となっているのは、今後日本にも導入予定の新型CX-80のみとなります。

 SNSでも「CX-80はまだ?」と待ち望む声も見られ、こちらの正式発表も待たれるところです。