トライアンフモーターサイクルズジャパンは、排気量660ccの3気筒エンジンを搭載した新型スポーツモデル「デイトナ660」を発表。このモデルについてSNSではどのような反響が見られるのでしょうか。

最高出力95馬力の「スポーツモデル」登場!

 トライアンフモーターサイクルズジャパンは2024年1月9日、新型スポーツモデル「デイトナ660」を発表しました。
 
 高い運動性能と扱い易さを高次元で両立した同車について、SNSでは様々なコメントが寄せられています。

 新型デイトナ660は、スポーティ走行性能とダイナミックかつ快適な乗り心地を実現した新型スポーツバイクです。

 2気筒エンジンの「低回転域時の扱い易さ」と4気筒エンジンの「高回転時の高性能」を兼ね備える、トライアンフならではの水冷並列3気筒エンジンを改良して搭載。

 従来の同型エンジンと比較して出力は17%・トルクは9%向上した結果、軽自動車と同等の排気量「660cc」でありながら、最高出力95馬力・最大トルク69Nmものパワーを発揮し、さらにどこまでもスムーズに吹け上がるレスポンスの良さと、迫力あふれるエキゾーストを楽しめるといいます。

 これに滑らかな変速が心地よい6速MTのトランスミッションを組み合わせるほか、クラッチレス操作が可能な「トライアンフ シフトアシスト」もオプションで用意。

 スポーツシーンでの性能のみならず、ロングツーリングでの快適性まで高められています。

 ミラーを除いたボディサイズは、全長2050mm×全幅735mm×全高1145mm。ホイールベースは1425mmで、車体重量は202kgです。

 新型デイトナ660の車体デザインは、歴代デイトナのDNAと運動性能の高さを期待させるアグレッシブなスタイリングを採用。それでいながら、最新モデルらしくクリーンで無駄のないボディワークが、あくまでも大人に向けたスポーツモデルであると主張しています。

 ボディカラーは標準色の「スノードニアホワイト/サファイアブラック」にくわえて、オプションカラーとして「サテングラナイト/サテンジェットブラック」「カーニバルレッド/サファイアブラック」の2色も設定。

 さらにカスタマイズによってオーナーの個性を発揮できるよう、30種類以上の純正アクセサリーも用意されました。

 この新型デイトナ660の車両価格(消費税込)は、108万5000円。

 1万6000kmまたは12ヶ月の定期点検や、2年間の走行距離無制限保証も含まれており、国産スポーツモデルと競合するトータルコストパフォーマンスの高さも同車の特筆すべき魅力でしょう。

※ ※ ※

 発表された新型デイトナ660について、SNSではバイク好きやトライアンフオーナーを中心に様々なコメントが投稿されています。

 まず見られるのが「国産車と遜色ないレベルの価格!」「初期の675と比べてもかなり安いし良いな」と、海外製モデルでありながらも手の届きやすい価格に好感を抱いたという声です。

 また、「価格・スペック・デザインともホンダの『CBR650R』に似てきた?」「ヤマハかトライアンフかで迷うなぁ」「トライアンフの660でネイキッド・ツアラー・フルカウルが選べるのはかなり嬉しいです」「650RやRS660などミドルクラスが活性化して楽しくなってきました」など、同クラスの魅力的なモデルが切磋琢磨し出揃いつつあることについて喜びを示す投稿や、「同じシリーズのトライデント660に乗ってます。軽くて小さくて乗りやすく速い。地味ながら良いバイクですよ!」といった、実際に同シリーズを所有しているオーナーからの実体験も。

 一方で、「パッと見た時のデザインが2000年くらいの国産SSみたいに感じられるのが残念」「ジャパンリスペクト系のデザインに見える」「無理にSS風に寄せでなくても良かったと思う」など、デザイン面ではもっと冒険して欲しかったというコメントもありました。

 そのほか、「デイトナ660って軽自動車みたいな名前だな!」「デイトナ知らない人だと4輪と勘違いするかも」「知ってる人ならデイトナの時点でバイクだってすぐ分かるでしょ」「でもこのエンジンをS660とか軽自動車に載せたスポーツカーを作って欲しい」といった夢のある投稿が見られ、ホンダの軽四輪スポーツカー「S660」のようなスポーティモデルを今なお求められていることが伝わる内容でした。