トヨタはかつて、斬新な7枚ドアのミニバン「F3R」をモーターイベントに出展していました。これに対しSNSでは、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

トヨタの斬新「7ドアミニバン」!? 「F3R」とは

 ミニバンはファミリーカーの定番として人気を集めていますが、かつてトヨタはミニバンの未来を予見させるコンセプトモデル「F3R」を披露していました。これについてSNSでは、どのような反響が集まっているのでしょうか。

 F3Rは「Living Room On Wheels(車輪付きのリビングルーム)」をテーマとした3列シートのミニバンです。2006年のデトロイトモーターショーで公開されました。

 従来のミニバンの形を拡張し、快適にくつろげるリビングルームのような車内空間を提案したコンセプトモデルです。

 左右3枚ずつ7ドア仕様の3列シートで、大人8人がゆったりと座れます。最前の1枚目は通常のヒンジドアですが、2枚目と3枚目はユニークな大開口の観音開きを採用し、2・3列目シートへの乗降性を高めています。

 シートアレンジも特徴的です。運転席はリクライニングと回転が可能。助手席もリクライニングするとベンチに変わります。

 2列目を分割して折りたたむと、3列目と合わせて家のリビングにあるようなソファができます。

 外観はくさび形のフロントグリルなど今となってはやや古いイメージも否めませんが、箱型ボディや、車内のリビングのような空間は現在も通用しそうです。

 このF3RについてSNSでは、「なげぇ」「奇抜なようで、まだまだ常識の範囲内」「子供のドアパンチが心配だから、ファミリー向けではないかな…」といった感想や指摘が寄せられていました。

 ミニバンの回転対座シートは、安全性やコストの面から廃れてしまいましたが、インターネットの通信環境や動画配信サービスの進化などにより、車内を“エンタメ化”するニーズは以前より高まっています。

 F3Rは市販化されませんでしたが、そのコンセプトはトヨタのミニバン作りに生かされており、2023年に全面刷新が発表されたレクサスの高級ミニバン「LM」などのように、今後も豪華さや快適さをウリにするミニバンが続々登場しそうです。