関東甲信地方の広い範囲で雪の予報となっていることを受け、高速道路は広い範囲で通行止めが始まっています。

今後さらに通行止め区間が拡大

 降雪が見込まれることから、関東甲信地方の高速道路では、2024年2月5日の昼頃からすでに通行止めが始まっています。

 関東甲信地方は南岸低気圧の影響で、5日から6日にかけて降雪が予想されています。このため、高速道路は次の区間で通行止めが実施されています。

●関東地方の主な高速道路・有料道路の通行止め区間(5日13時半現在)。
・東名:東京IC〜清水JCT
・新東名:海老名南JCT〜新秦野IC、新御殿場IC〜新清水JCT
・中央道:高井戸IC〜中津川IC、大月JCT〜河口湖IC
・圏央道:茅ヶ崎JCT〜鶴ヶ島JCT
・長野道:岡谷JCT〜安曇野IC
・第三京浜:全線
・横浜新道:全線
・横浜横須賀道路:新保土ヶ谷IC〜朝比奈IC、釜利谷JCT〜並木IC
・新湘南バイパス:全線
・小田原厚木道路:全線
・西湘バイパス:全線

●首都高速の通行止め区間(5日13時半現在)。
・中央環状線:大井JCT〜熊野町JCT(山手トンネル区間)、板橋JCT〜江北JCT
・3号渋谷線:東名←谷町JCT(下り)
・4号新宿線:中央道←三宅坂JCT(下り)
・K7横浜北線・横浜北西線:生麦JCT〜横浜港北JCT〜横浜青葉JCT
・埼玉新都心線:与野JCT〜さいたま見沼

 また、通行止めは5日夜にかけて範囲が広がる見込みです。NEXCO東日本は今後、次の区間で通行止めを行う見込みとしています。

●5日15時から通行止め予定
・関越道:練馬IC〜本庄児玉IC
・圏央道:鶴ヶ島JCT〜牛久阿見IC
・常磐道:三郷JCT〜桜土浦IC
・外環道:大泉JCT〜三郷南IC、三郷南IC←松戸IC
・東北道:川口JCT〜佐野藤岡IC
・磐越道:郡山東IC〜いわき三和IC

●5日17時から通行止め予定
・上信越道:上田菅平IC〜藤岡IC
・中部横断道:佐久小諸JCT〜佐久北IC

 このほか中部横断道や東富士五湖道路、アネスト岩田ターンパイク箱根などの有料道路をはじめ、山間部を走る国道などでも通行止め区間が増えています。

 NEXCO東日本は、「極力外出を控えていただくようお願いします」と呼び掛けるとともに、やむを得ずクルマを運転する際は、必ず冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行、特に雪道を走行する際にはチェーンの装着を要請しています。

 ノーマルタイヤでの雪道走行は法令違反です。また、チェーンは駆動輪に装着するとともに、一軸駆動車、連結車、空荷状態、年式の古い車両は積雪路などで特に立ち往生が発生しやすい傾向にあるため注意が必要ということです。

 気象庁などは、6日朝にかけて関東甲信で数十cm、東京都心などでも8cmほどの積雪を見込んでいます。