トミーカイラが手掛けたコンプリートカー「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」に3億円の値札が付けられました。どのようなクルマなのでしょうか。

街中で見かける機会は皆無、幻のGT-Rコンプリートカー

 日産「スカイラインGT-R」には幻のコンプリートカー「トミーカイラR-Z」という仕様がありました。
 
 今回、3億円の価値が付いた個体が登場しましたが、どのようなモデルなのでしょうか。

 トミーカイラが「スカイラインGT-R(BNR34)」(以下R34 GT-R)をベースに作ったのが「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」です。

 トミーカイラRシリーズは「R」、「R-S」、「R-Z」の3種類ありますが、 R-Zがもっともパフォーマンスの高いグレードです。

 正式なアナウンスはありませんが、トミーカイラR-Zは生産台数が極端に少なく数十台ほどといわれています。

 トミーカイラR-Zは、R34 GT-Rの2.6リッターDOHCツインターボをさらに100cc排気量アップした2.7リッターに、さらに専用クランクシャフトや専用タービンなど手を加えることで、出力は530馬力、トルクは54.52kgまで高められました。

 エクステリアにも手が加えられていて、R34 GT-Rのフェンダーをさらに拡幅した専用ブリスターフェンダーはトミーカイラの本気度が伺えます。

 フロントマスクもグリルやバンパーは、必要な冷却やダウンフォースを効率的に得るために開口部を極限まで広くしました。

 リアに装着されている迫力のトリプルウイングリアスポイラーは、見た目よりもサーキット走行を前提とした場合に必要最低限の大きさとして採用されたようです。

 また、トランクにはトミーカイラのなかでも、最高級車のみに装着される緑色のRのエンブレムが装着されます。

 ワイドボディに組み合わせるタイヤサイズは275/30ZR19で、ホイールは バネ下重量の軽量化のためにF1でも採用されている、鍛造マグネシウム削り出しホイールを装着しています。

 また、足周りはビルシュタイン製、ブレーキローターやキャリパーはAP RACING製を採用するなど、最高級のパーツで固められたクルマです。

 内装の基本的な造りはノーマルですが、トミーカイラのシンボルマークであるカメのマークが施された専用バケットシート、スピードメーターを視認性の高いデジタルに変えてシフトインジケーターを装備した専用メーターに換装されています。

 当時のトミーカイラR-Zの新車価格は1050万円で、ノーマルのR34 GT-Rが約500万円程度から購入できたことから、なかなか手が出にくい存在だったといえるでしょう。

 このような当時でも超希少車だった、トミーカイラR-Zですが今回の出展車両はどのようなクルマなのでしょうか。

 今回の出展車両は、GT-Rの中古車を専門に取り扱う「クラフトスポーツ」によるもので、ベース車両は2000年式のR34 GT-R Vspecで走行距離はわずか2万2372kmです。

 ボディカラーは青系のベイサイドブルーで、サイドの「Tommy Kaira」がとても映える仕様になっています。

 この車両は、以前から付き合いのある顧客からメールで問い合わせがあり、これまでの信頼関係もあって入手できたようです。

 今回、東京オートサロン2024で掲げられたトミーカイラR-Zの価格は、R34 GT-Rとしては高額な3億円が提示されていました。

 メーカーが認めた数少ないコンプリートカーで、そのなかでも最高グレードのR-Zということもあり、価値は十分あるようです。

※ ※ ※

 なお同じ東京オートサロン2024のクラフトスポーツブースでは、R34 GT-Rの最終仕様「VスペックII ニュル」にも3億円の値札。

 さらには日産「スカイラインGT-R(BNCR33)」ベースの「NISMO 400R」に5億円という値札が付けられたことも話題となりました。