スバル「フォレスター」の最廉価グレードである「ツーリング」は306万9000円という価格設定ですが、かなり装備が充実しています。このモデルに対してどのような反響があったのでしょうか。

最廉価の「フォレスター」がコスパ最強!

 スバルのSUV「フォレスター」は、同社を代表するモデルのひとつとしてラインナップされています。
  
 現行モデルは2018年6月に発表された5代目で、外観はスバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」をテーマとし、SUVらしいたくましさが感じられるもの。

 乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しの良さと室内の広さを両立したパッケージングや使い勝手の良い装備を採用しました。

 搭載されるエンジンは、2リッター「e-BOXER」(ハイブリッド)と1.8リッターターボが設定され、駆動方式は「シンメトリカルAWD」を採用し全車4WDとなっています。

 フォレスターのグレード体系は、「ツーリング」「X-BREAK」「アドバンス」「スポーツ」「STIスポーツ」が用意されているのですが、そのなかでも、ベーシックなツーリングは最廉価の306万9000円(消費税込み)で販売されています。

 この“素のフォレスター”ともいえるツーリングとは、どのようなモデルなのでしょうか。

 ツーリングは2リッターe-BOXERを搭載するハイブリッド仕様で、外観はブラック塗装のフロントグリルや樹脂製のフロントバンパーガードおよびサイドクラッディングのほか、メッキ加飾付きのフォグランプカバーを装備。

 ホイールには専用の17インチアルミホイール(ダークメタリック塗装+切削光輝)が備わり、エクステリアを見ただけでは最廉価モデルであることはまずわかりません。それくらい立派なスタイリングを有しているといえます。

 内装は、グレー×ブラックの撥水ファブリックシートや、本革巻きステアリングなどを採用。シートなどインテリアの各所にシルバーのステッチが施され、上質な室内空間を演出します。

 エアコンがフルオートである点は上位グレードと共通ですが、ツーリングは3連ダイヤルタイプを採用しており、直観的に操作することが可能です。

 シートヒーターは運転席と助手席は標準装備、後席左右はオプションとなり、用途に応じて選択可能。運転席のシートリフターはレバー式ですが、運転席&助手席のパワーシートをオプションで選ぶこともできます。

 そのほか、キーレスアクセス&プッシュスタートや電動格納式ドアミラーが標準装備され、悪路走破性に役立つ「X-MODE」も完備されます。

 また、先進安全システムの「アイサイト」はツーリングにももちろん標準装備となり、上位グレードと同じく高い安全性が確保されています。

 さらなる安全装備である「アイサイトセイフティプラス」や「緊急時プリクラッシュステアリング」、「ドライバーモニタリングシステム」はメーカーオプションで装着することが可能です。

“素のグレード”でありながら、かなり充実した装備内容のフォレスター ツーリングに対して、さまざまな意見が寄せられました。

「他メーカーの同じ様なクルマと比べると安いと感じる」「これだけの装備が付いてこのお値段はスバルさん頑張ってますね」「予防安全性能も高くACCの制御も非常にナチュラル。衝突安全性能も高い高剛性ボディに定評のあるAWDなど、中身を考えれば普通に考えて安いだろう」など、必要な装備が備わったうえでお値打ち価格を実現しているという声があり、フォレスター ツーリングはコストパフォーマンスが高いモデルだといえそうです。

 また、「値引きも考えると、ナビとフロアマット付けても総額320位で買えそう。フルモデルチェンジしたら高くなりそうだから、熟成された現行型を買うのもありかな」とのコメントも。

 6代目となる新型フォレスターが米国ですでに発表されており、同市場では2024年春に発売予定となっています。

 日本市場でのデビューはもう少し先になるとウワサされており、それならば値引きも期待できる現行モデルを今のうちに買っておこうと考える人も少なくないようです。

 さらに、実際に運転したことがある人は、「積雪路や凍結路面での安心感は半端ない。車体も剛性感が高く、ハンドルレスポンスが良くてキビキビ走る感じ」といい、冬の厳しい道路環境でも安心して走れるところはフォレスターの強みとなっています。

 ほかにも、「唯一の弱点は燃費ですね」「マイルドハイブリッドなので、他メーカーのストロングハイブリッドとは違って燃費がいまひとつ」といった声も。

 新型フォレスターにはストロングハイブリッド仕様が用意されるとの話もあり、次期モデルでは燃費性能も改善されるかもしれません。