「ジャパンキャンピングカーショー2024(JCCS2024)」では、様々な車中泊仕様車が出展されましたが、普段使いできる軽スーパーハイトワゴンをベースにしたモデルも出展されました。今回は4人が就寝可能な新型「N-BOX」を紹介します。

人気の軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」がキャンピングカーに!?

 手軽さから人気が高まる軽自動車のキャンピングカーですが、その多くが商用の軽ワンボックスバン・ワゴンをベースにしています。
 
 しかしホワイトハウスキャンパー(愛知県)は、2024年2月2日から5日まで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2024(JCCS2024)」で、軽スーパーハイトワゴンの新型「N-BOX」をベースにした車中泊仕様車を初公開し、注目を集めました。

 日本を代表するキャンピングカーメーカーのひとつであるホワイトハウスキャンパーは、ラインナップするキャンピングカーの種類が多いことが特徴です。

 トヨタ「ハイエース」やフィアット「デュカト」などの商用バンのほか、ホンダ 「フリード」「ステップワゴン」などのミニバン、さらにはシトロエン「ベルランゴ」、プジョー「リフター」などのフランス車までラインナップ。

 そしてその多くが「POP-UP(ポップアップ)ルーフ」を載せていることでも名をはせています。

 軽キャンピングカーでは、ホンダの軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」ベースの「Neo(ネオ)」、軽商用バン「N-VAN」ベースの「COMPO(コンポ)」の2車種を販売しています。

 中でもネオは、ベースモデルのN-BOXが2023年秋に新型にスイッチしたことを受け、ジャパンキャンピングカーショー2024にて新型ネオとして発売をスタートしました。

 ルーフには、同社が得意とするポップアップルーフを継続して搭載。まるでベース車と一緒に開発されたような洗練されたデザインもそのままです。

 ポップアップルーフを展開すると、長さ1880mm、幅1020mm、高さ960mmの空間が出現。大人2名が就寝可能なスペースが生まれます。

 ただし、先代N-BOXに設定されていた「助手席スーパースライドシート」が新型では未設定となった影響で、従来の「回転シート」や「フラットベッド」がそのまま設置できなくなってしまったため、展示車両の就寝定員は2名となっています。

 会場の担当者によると、今後新型N-BOX用のベッドキットなどを開発していく予定だといい、従来通り最大で4人の就寝も可能となる見込みです。

 展示車は新型N-BOXの「ファッションスタイル」がベースで、2トーンで白く塗り分けられた屋根部分とポップアップルーフが違和感なくマッチしていたのが印象的でした。

 ベース車は標準仕様や「N-BOXカスタム」など各グレードの選択が可能ですので、予算と好みに合わせた軽キャンピングカーを造ることができます。

 一方のコンポは、ユーティリティに優れたN-VANの特徴を存分に活かし、車内に2名分の就寝スペースを設けられるため、4名の就寝を可能としています。

 コンポは2台が持ち込まれ、グレーの1台はオプションの純正マルチボード上にクイックエアマット(こちらもオプション)を並べ、ベッドを作るタイプでした。

 そしてイエローの1台は車内後部側面に収納棚を設けた「スタイル・ツー」を展示。小型の電子レンジや移動可能なシンクまで用意されており、軽自動車の限られたサイズながらも本格的なキャンピングカーの装備を備えています。

※ ※ ※

 キャンピングカー造りの経験が遺憾なく発揮されたポップアップルーフと室内空間の有効活用により、完成された姿を見せるホワイトハウスの軽キャンピングカー。

 オプションも豊富に設定されており、手軽にキャンピングカーライフが楽しめそうです。