トヨタのインド法人が、都市型SUV「アーバンクルーザーハイライダー」をインドの国際自動車ショーに展示しました。どのようなモデルでしょうか。

スズキとの共同開発モデル

 2024年2月1日、トヨタのインド法人「トヨタ・キルロスカ・モーター」(TKM)は国際自動車ショー「バーラト・モビリティ・グローバル・エキスポ2024」にSUV「アーバンクルーザーハイライダー」の実車を展示しました。

 バーラト・モビリティ・グローバル・エキスポ2024は、2月1日から3日にかけて首都ニューデリーで開催。50か国以上から800を超える出展者が集まり、自動車に関する最新の製品や技術が披露されました。

 このうちトヨタブースに展示されたアーバンクルーザーハイライダーは、2022年7月にインドで新型が世界初公開された都市型SUVです。

 スズキと共同開発されたモデルであり、スズキからは3代目「グランドビターラ」として販売されています。

 アーバンクルーザーハイライダーのボディサイズは、全長4365mm×全幅1795mm×全高1645mmです。これは日本で展開されているトヨタのSUVだと、「ヤリスクロス」と「カローラクロス」の中間に相当します。

 エクステリアは、「スポーティ&プレミアム」をコンセプトとした精悍で都会的なデザインです。インテリアもモダンで上品な仕上がりとなっています。

 パワートレインは、システム最高出力約113馬力を発揮する1.5リッターエンジンにTHS(トヨタハイブリッドシステム)を組み合わせた「ハイブリッド」と、統合型スタータージェネレーター(ISG)テクノロジーを採用した最高出力約100馬力の1.5リッターKシリーズエンジンを搭載する「ネオドライブ」を用意。

 このうちネオドライブ搭載グレードの4WDモデルは、5速MTと6速ATから選択が可能です。

 また、2023年にはCNG(圧縮天然ガス)仕様車も仲間入りしています。パワートレインは、ガソリンモードで最高100馬力、CNGモードで最高87馬力を発揮する1.5リッターエンジンを搭載し、5速MTと組み合わせています。

 価格は、132万3000インドルピー(約230万円)から189万9000ルピー(約340万円)です。