雪に強いとされるスバル「フォレスター」の実力を冬の青森で試してみました。一体どのようなところが同車の魅力となっているのでしょうか。

ホントに「フォレスター」は雪道に強いのか?

 さまざまなSUVをラインナップするスバルですが、そのなかでも「フォレスター」は人気モデルです。
 
 現行モデルは2018年6月に発表された5代目モデル。世界戦略車としてグローバルで販売されていて、多くのユーザーに支持されています。

 エクステリアはスバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を用いた、SUVらしいたくましさが感じられるデザインを特徴としたほか、乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しの良さと室内の広さを両立したパッケージングや使い勝手の良い装備を採用しました。

 搭載されるエンジンは、2リッターe-BOXER(ハイブリッド)と1.8リッターターボを設定。駆動方式は全車シンメトリカルAWDとし、悪路走破性を高める「X-MODE」が装備されるなど、優れた四駆性能を誇ります。

 そんなフォレスターには、「ツーリング」「X-BREAK」「アドバンス」「スポーツ」「STIスポーツ」という5つのグレードが設定されているのですが、2リッターe-BOXERを搭載するX-BREAKで、冬の青森にて雪上走行する機会を得ました。

 最近放映されているフォレスターのテレビCMでは、「雪に強い」ということをアピールしていますが、本当にそうなのでしょうか。

 X-BREAKは、5つのグレードのなかでもっともタフギア感を際立たせたモデル。内外装の各所にオレンジのアクセントが加えられ、撥水処理が施されたシートやカーゴフロアボードが備わるなど、アクティブな仕様です。

 さらに今回の相棒には、ブラック&オレンジ加飾が入ったX-BREAK専用のフロントグリルのほか、「SUBARU」ロゴ入りのリヤゲートプロテクターも装着。北米の人気グレード「ウィルダネス」専用のブラックホイールも特別に備わっていて、より一層ワイルドな雰囲気を演出していました。

 そんなフォレスターを雪道で運転して感じたことは、「絶大な安心感」です。スタッドレスタイヤを装着したうえで、「急」がつく動作をしない限り、不安な挙動に陥ることは“ほとんどない”といえるでしょう。

 圧雪路や雪がシャーベット状になった路面でも、普段と同じように運転することができるのは「シンメトリカルAWD」のおかげ。

 状況に応じて最適に前後輪にトルクを配分する「アクティブトルクスプリットAWD」を採用するフォレスターは、滑りやすい路面でも安心して走ることができました。

 また、最低地上高が220mmと高く確保されており、デコボコした路面や雪が積もった道でも下回りを擦ってしまうことがありません。

 さらなる悪路に出くわしたときは、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールしてオフロード性能を高める「X-MODE」を作動させることで楽に脱出することができますし、X-MODEに備わる「ヒルディセントコントロール」を使えば、下り坂で車速が上がることなく、一定の速度で下ることも可能です。

雪に強い装備や機能も充実したフォレスター

 フォレスターが雪に強い理由は、走行性能だけではありません。大きなフロントガラスは良好な視界を確保するのに役立ちますし、4枚のドアはサイドシルの下部まで覆うタイプなので、雪や泥で汚れたボディを気にせず乗り降りすることができます。

 また、シートヒーターやステアリングヒーターがすぐに温まってくれるのも、極寒の地ではうれしい機能でした。

 雪国で支持されるフォレスターですが、雪が降らないエリアのユーザーからも愛用されており、都市部近郊のスキー場の駐車場で見かける機会が多い車種のひとつです。

 大容量の荷室を備えており、たくさんのアウトドアギアを積載することが可能ですが、車上にルーフボックスやルーフキャリアを載せることもあるでしょう。

 フォレスターは全高1715-1730mmと背が高く、ルーフに載せたキャリア類に手が届きにくいのですが、リアシート横にステップが設置されており、そこに足を掛けてのぼれば容易にアクセスすることが可能。

 しかも、ステップの面積が大きく、滑り止めも設けられていることからスノーブーツなどを履いていても安全に足を掛けることができ、そういった細かな配慮もウインタースポーツやアウトドア愛好家に重宝される理由だといえます。

 また、他メーカーのモデルでは「寒冷地仕様」がオプション設定となるモデルも多いなか、スバル車の多くは標準装備となっています。

 フォレスターでは、ワイパーブレードの凍結や雪が付着するのを防ぐ「ワイパーデアイサー」や、ヘッドライトに付いた雪や汚れを除去する「ヘッドライトウォッシャー」、視界不良時に後続車からの視認性を高める「リアフォグランプ」、寒さに強い「大容量バッテリー」などが備わり、雪道での安心感を高める装備を完備しているのも心強いところ。

 さらにスバルの先進安全機能「アイサイト」は全車標準装着となっており、フォレスターならどのような状況でも安心して走行できると体感することができました。

※ ※ ※

 6代目となる新型フォレスターが2024年春に米国で発売される予定ですが、国内で登場するのは少し先のことになるようです。

 2023年11月に新型フォレスターが世界初公開された際、ストロングハイブリッド車も設定されることが明らかになったものの、もし日本でもストロングハイブリッド車が投入されるのであれば、燃費向上が期待できる一方、車両価格もアップすることが予想されます。

 一方で、現行フォレスターは、高い走行性能や安全性と充実した装備を併せ持っていながら、価格は306万9000円からを実現。本格的な悪路走行が可能なミドルサイズSUVとして、コストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

 デザインが一新された新型フォレスターも魅力的ですが、成熟しきった現行モデルを今買うというのも、良い選択だといえるのではないでしょうか。