日本工科大学校は、2024年2月10日から12日にかけ行われた「大阪オートメッセ2024」でフォード「GT40」のレプリカ「HORD PP40」を展示していました。なんとそのベースはあの軽自動車だといいます。

日本工科大学校が再現した「GT40」のハイクオリティーなレプリカ!

 2024年2月10日から12日にかけ行われたイベント「大阪オートメッセ」。本イベントでは、日本工科大学校の学生たちによって製作されたフォード「GT40」のレプリカ「HORD PP40」が展示されていました。

 カラーリングも含めて元ネタにそっくりなHORD PP40。その詳細について見ていきましょう。

 日本工科大学校は建設学部やAI学部などを有する兵庫県の専門学校です。今回イベントで登場したGT40のレプリカ「HORD PP40」は、同校の自動車学部がカスタムを行いました。

 GT40とは、1960年代にフォードが「ル・マン24時間レース」でフェラーリを破るため製造したレーシングカー。戦後を代表する車両の1つであり、オークションで登場すれば数十億円の値が付くのも珍しくない名車中の名車です。

 今回、日本工科大学校が作ったのはそのレプリカです。ベースに使用しているのは、かつてホンダが生産していた「ビート」という軽自動車規格のスポーツカー。その外観は本物のGT40そっくりです。

 とはいえ、ここまでカスタムするのは決して楽ではなかったそう。最も大変だったのは外装の改造です。まず、GT40を所有している人に頼んでボディサイズを採寸させてもらい、型を作成。続いてFRPとアルミでエクステリアを製造します。

 しかし、そもそもの問題として、GT40とビートではサイズが異なります。具体的には、GT40の全長4065mm×全幅1778mm×1028mm、ホイールベースは2413mm。それに対しビートは全長3295 mm×全幅1395 mm×全高1175mm、ホイールベースは2200 mmとなっています。

 そのため、そのまま縮小して取り付けた場合、横幅はともかく全長はホイールベースとのチグハグ感が出てしまい、不格好に見えたそうです。そこで全体の雰囲気がマッチするよう車体をカット。サイズを整えました。

 その後、内装や窓ガラスなどを製作しつつ、GT40のカラーリングを塗装。見事なレプリカが完成しました。

※ ※ ※

 HORD PP40は今回の大阪オートメッセで初めての展示となります。GT40の知名度もあってか、会場の注目度はかなりの物となっており、学生の人たちも非常に嬉しそうでした。