クルマを運転する上で端に寄せるという場面が必然的に出てきます。日本車の多くでは右ハンドル仕様が大半ですが、その場合は「クルマを左に寄せる」ということが必要です。上達する方法はあるのでしょうか。

クルマの左寄せ!「サイドミラーを活用する」の声が多数!

 ドライバーの中には、クルマの「左寄せ」を苦手とする人が多くいます。
 
 この左寄せに関してはJAFが公表している「車両感覚を身につける方法」が参考になります。
 
 世間のドライバーはどのような方法で苦手を克服しているのでしょうか。

 クルマの運転中には、左折するときや狭い道で対向車とすれ違う場面、また側道に停車する場面など「左寄せ」をしなければならない場面がたびたび発生します。

 しかし車両感覚が上手くつかめていないと、左側に寄りすぎてクルマを縁石や建物に擦ったり、反対に道路の真ん中に寄ってしまい対向車の妨げになったりする可能性があります。

 そのためクルマの左寄せに苦手意識を持っているドライバーは多く、中には狭い道をできるだけ通行しないように注意している人もいるようです。

 この問題に関して以前の記事では、JAFがウェブサイト上で公表している「助手席側の車両感覚をつかむ方法」を次のように紹介しました。

ーーー
 まず駐車場の白線など目印になる線を決め、左側前輪をその白線の上に乗せてクルマが白線と平行になるようにします。(左側後輪も白線上に乗る状態)

 次に正しい運転姿勢をとった上で、運転席から白線の見え方を確認します。

 このとき、車種やドライバーの体格などによって見え方は異なるものの、乗用車の場合はボンネットの中央付近に白線が見えることが多いです。

 つまり白線がボンネットの中央付近より右側(運転席側)に見えれば左側に寄りすぎている状態、一方で白線が左側(助手席側)に見えれば道路の左側にスペースの余裕があると判断できます。

 この見え方を覚えることでクルマの左側の車両感覚をつかめます。
ーーー

 上記の方法は、左寄せを苦手とするドライバーが比較的手軽に取り組める練習方法といえるでしょう。

 この記事に対してはインターネット上で「確かに左寄せの車両感覚は難しい」「特にレンタカーだと運転に慣れていないので危ない」などの声。

 そのほか「免許取り立ての頃、白線にクルマを乗せる練習をしたことがある」といった体験談も寄せられました。

 さらに左寄せへの苦手を克服するための方法として、サイドミラー(ドアミラー)の活用を挙げる次のような意見も多く聞かれます。

「走行中にサイドミラーで路側帯の線やセンターラインなどと、自分のクルマとの位置を確認しながら走行することが車両感覚を掴むコツだと思う」

「サイドミラーから見て対象物との間に隙間があればクルマが当たることはない。車両感覚を身につけるにはサイドミラーを見る癖をつけたほうが良い」

 左側のサイドミラーには、道路の左側にある白線(路側帯や車道外側線)が映ります。

 クルマと白線の間のスペースに余裕があればより左側に寄るというように、サイドミラーを見ながら細かく調節していくと良いでしょう。

 なお、一般的にサイドミラーは、ミラーの内側の4分の1くらいに車体が、上半分に空、下半分に地面が映るように角度を調節するのが良いと言われています。

 普段から、サイドミラーに映る道路状況を確認する習慣を付けることが大切です。

 また左側の車両感覚をつかむ便利アイテムとして、クルマのボンネットの端に「フェンダーマーカー」を取付けて練習したという意見もありました。

 これは夜間、車幅が分かりやすいよう発光するパーツです。

 クルマに後付けできるため手軽に活用できるといえるでしょう。

 そのほか車両感覚をつかむために「タイヤの位置を意識して運転する」、「周りの人に協力してもらいながら練習する」、「狭い道を怖がらずに運転を繰り返して慣れる」などの声も聞かれました。

※ ※ ※

 クルマを上手く左に寄せるためには、運転席から道路の白線の見え方を確認することに加え、サイドミラーを活用する方法が有効的です。

 またドライバーからは「とにかく練習あるのみ」という声も一定数聞かれ、慎重な運転を心がけつつ、おそれず挑戦する気持ちが重要といえるかもしれません。