渋滞が激しい国道24号で、城陽から奈良方面へ抜ける新ルート「城陽井手木津川バイパス」が工事中です。どんな道路で、開通すればどう便利になるのでしょうか。

狭い国道24号は渋滞多発

 国道24号は京都と奈良をむすぶ重要なネットワークを担いますが、同時に木津川東岸の唯一と言ってもいい南北軸です。
 
 特に城陽〜木津は昔ながらの狭い2車線で、生活交通と通過交通が集中して大渋滞となり、東西道路の国道307号や国道163号へ行きたい場合も一苦労となっています。
 
 この長年の課題を打開するため「城陽井手木津川バイパス」が整備中です。いったいどんな道路で、開通すればどう便利になるのでしょうか。また工事はどこまで進んでいるのでしょうか。

 城陽井手木津川バイパスのルートは、新名神の城陽スマートIC(建設中)から南下し、山側を抜けて、そのまま木津川市内の城山台や州見台といったニュータウンへ直結するものです。延長11.2kmの2車線道路です。

 完成すれば、国道24号の現道を走ることなく、奈良へ通り抜けられるようになります。京都市内から国道24号で下りてきた場合も、城陽新池から南下していたのを、もう少し奥まで進んで城陽スマートICからバイパスに入る形となります。

 さて、2019年に事業化を果たし、工事が順調に進んでいる城陽井手木津川バイパス。どこまでできているのでしょうか。

 京都国道事務所が公開した1月末時点の工事進捗によると、まずは用地確保が容易で、完成まで時間のかかる橋梁部分の工事が、先行して進められているようです。

 城陽スマートICを下りて最初の橋である「青谷川橋」では、すでに橋台が姿を現してきています。また井手町役場北側でも、才田川にかかる橋の工事準備のため、工事ヤードの更地が出現しています。

 なお、バイパス自体は木津川の手前までですが、そこから奈良市内へはすでに開通済み。川を渡る新たな道路「東中央線」が2020年に開通、そのまま近鉄奈良駅付近へ直結できるようになっています。

 城陽井手木津川バイパスは山側をとおりますが、トンネルはありません。したがって工事期間自体はさほど長くなく、想定の開通時期は2034年度となっています。もちろん、用地取得の進み具合や現地状況によって、予定は変動が予想されます。