スバルが特別仕様車「フォレスター STIスポーツ ブラックインテリア セレクション」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ブラックインテリアがシックでスポーティ!

 スバルは2024年4月11日、「フォレスター」の特別仕様車「STIスポーツ ブラックインテリア セレクション」を発表しました。
 
 フォレスターの現行モデルは2018年6月に発表された5代目モデル。世界戦略車としてグローバルで販売されており、多くのユーザーに支持されています。

 エクステリアはスバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を用いたSUVらしいたくましさが感じられるデザインを採用。

 乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しの良さと室内の広さを両立したパッケージングや使い勝手の良い装備を備えました。

 搭載されるエンジンは、2リッターe-BOXER(ハイブリッド)と1.8リッターターボを設定。駆動方式は全車シンメトリカルAWD(全輪駆動)とし、悪路走破性を高める「X-MODE」が装備されるなど、優れた四駆性能を誇ります。

 今回発表されたSTIスポーツ ブラックインテリア セレクションは、最上級グレード「STIスポーツ」をベースに、ブラックのインテリアを備えたモデルです。

 通常のSTIスポーツの内装はボルドー×ブラックの艶やかな仕立てですが、ブラックインテリアセレクションではブラックにシルバーステッチが施された本革シートやインパネアッパートリムなどが備わった、シックでスポーティな装いとなっています。

 外装では、ピアノブラック調のBピラー/Cピラーが装着されるほか、特別仕様車だけのボディカラーとして「オフショアブルー・メタリック」を採用。

 オフショアブルー・メタリックは、「クロストレック」の通常モデルのほか、「レヴォーグ」や「WRX S4」の限定車(コンプリートカー)に設定されたボディカラーで、フォレスターには初めて設定されます。

 その他のボディカラーとして「クリスタルホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「マグネタイトグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」の全5色が用意されました。

 また、STIスポーツの装備である、専用マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターや18インチアルミホイール(スーパーブラックハイラスター塗装)、STIオーナメント(フロント・リア)、STIチューニングの日立Astemo製SFRDフロントダンパーも装着。

 安全面では、通常はメーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロントビューモニター/スマートリアビューモニター]が標準装備されました。

※ ※ ※

 フォレスター STIスポーツ ブラックインテリア セレクションの価格(消費税込)は385万円です。