文部科学省は5日、大学入試全体の公正性確保策を議論する有識者会議の中間報告を公表した。募集、出願、試験、合否判定、発表など各段階で求められる対応を列挙し、大学側の説明責任を強調。一連の医学部入試問題で明らかになった性別や年齢など属性による差別的な扱いはどの学部でも「不適切」と明記した。

 大学や高校の関係団体から意見を聴き、5月に最終報告をまとめ、6月に公表する大学入学者選抜実施要項に反映。各大学に取り組みを促す。

 文科省が昨年実施した医学部入試の緊急調査で、女子や長期浪人生を不利にする得点操作といった不適切入試が計10大学で判明した。