東京都は29日、都庁で「育休取得応援サミット」を開催し、小池百合子知事が育児休業の愛称を「育業」と発表した。「仕事を休む」といった後ろめたいイメージを一新するのが狙い。4月末から募集を始め、約1カ月で8800件を超す応募があった。

 小池氏は「育児のために仕事を休むのではなく、大事な仕事である育児に取り組むとマインドチェンジを進める。女性だけでなく男性にも、職場の業務と同じように育業してほしい」と述べた。

 育休は、職場の理解が得づらいことや、キャリア形成への不安といった理由から、取得をためらう人が多く、女性に比べ男性の取得率が低調といった現状がある。