金融庁は、西京銀行(山口県周南市)が投資用不動産向け融資で業者が作成した書類の不正を見抜けなかった可能性があるとして、立ち入り検査をする方針を固めたことが23日、分かった。

 西京銀を巡っては、東京証券取引所第1部上場で投資用アパート事業を展開する「TATERU(タテル)」で、顧客が融資を受ける際の審査書類を改ざんし、西京銀に提出していたことが発覚している。不正は融資の実行前に判明したが、金融庁は西京銀の審査体制に問題がなかったかどうか点検する必要があると判断したもようだ。