日銀の政井貴子審議委員は29日、福岡市で記者会見し、マイナス金利政策による低金利が地方銀行などの収益力低下に影響すると認め、継続的に政策の効果を見極めると説明した。その上で大規模金融緩和で国内景気が大幅に改善したと強調し、「金融緩和を粘り強く続けることが必要だ」と理解を求めた。

 政井氏は、地域金融機関は人口や企業の減少といった経営課題に直面していると指摘。国内経済の長期的な成長には「金融システムの安定が不可欠だ」として、金融機関の経営環境を点検しながら日銀の政策運営を進める考えを示した。