【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比248.91ドル安の2万4758.12ドルで取引を終えた。トランプ米政権の保護主義的な政策で貿易摩擦が激化することへの警戒感から売り込まれた。前日からの下げ幅は一時、338ドルに達した。

 個別銘柄では航空機のボーイングの下げが目立った。米国と中国の貿易摩擦が激化すれば、中国への輸出額が多い同社の業績に悪影響が出かねないとの見方から売り注文が膨らんだ。

 国際的に事業を展開する化学のダウ・デュポンや医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンも売られた。