【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=106円前半で取引された。午後5時現在は前日比25銭円高ドル安の1ドル=106円28〜38銭。ユーロは1ユーロ=1.2363〜73ドル、131円48〜58銭だった。

 朝方発表の2月の米小売売上高が市場予想を下回ったほか、トランプ米政権の保護主義的な政策で貿易摩擦が激化することへの警戒感が意識され、相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。