SUBARU(スバル)は27日、新車の燃費や排ガスの検査データ改ざんに関する調査報告書を公表した。不正は検査員を統括する班長の指示で組織ぐるみだったと認定した。手口は先輩から後輩に引き継がれていた。データの改ざんは903台の車両で確認され、2002年ごろには始まっていた可能性が高いとした。

 国土交通省を訪れた吉永泰之社長は「私どもの不適切な事案で大変なご心配をお掛けし、誠に申し訳ありません」と謝罪した。対応した奥田哲也自動車局長は「信じ難い行為で遺憾だ。国民に不安を与え、あってはならないことだ」と批判した。