【北京共同】米中両政府は4日、北京で貿易摩擦の問題を巡る2日目の協議を実施した。米中関係筋によると、米国は中国に対して抱える貿易赤字について、中国に2千億ドル(約21兆8千億円)の削減を要求。中国は反発したもようだ。

 米国が中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に米製品の輸出を禁止したことに関して、中国側が貿易協議で「厳正な申し入れ」をし、抗議したと明らかにした。米国が3月に対中制裁方針を公表して以来、初めての公式通商交渉は平行線をたどった。今後の対話継続では一致した。