消費者庁は22日、地鶏使用を売りにする居酒屋「塚田農場」が、商品の一部にブロイラーを使ったにもかかわらず、全て地鶏を使った料理であるかのように表示したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営会社エー・ピーカンパニー(東京)に再発防止を求める措置命令を出した。

 同庁表示対策課によると、「チキン南蛮」は全て外国産ブロイラーが使われ、「月見つくね」「塩つくね」は、国内産と外国産ブロイラーを混ぜたものだったり、地鶏を約5%混ぜたものだったりした。

 会社は「心よりおわび申し上げる。誤解が生じない表記を徹底するよう、再発防止に取り組む」とコメントした。