【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日、ツイッターで「ガソリンが値上がりしている。石油輸出国機構(OPEC)は、ほとんど役に立っていない」と批判し、「今すぐ値下げすべきだ」と原油増産を求めた。

 OPEC加盟国などは6月下旬に協調減産を緩和し増産することで合意したが、7月3日のニューヨーク原油先物市場では、一時1バレル=75ドルを突破し、約3年7カ月ぶりの高値水準をつけた。トランプ氏は原油高が米国の景気に与える悪影響を懸念し、たびたびOPECを批判している。