【ブエノスアイレス共同】麻生太郎財務相は22日、ブエノスアイレスでムニューシン米財務長官と会談し、米国が検討する自動車輸入制限の回避を求めた。米国の対イラン経済制裁再開で邦銀などに悪影響が及ばないような配慮も要請した。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議閉幕後の記者会見で議論の内容を明らかにした。

 既に発動された鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に関しても改めて撤回を働き掛けたという。ムニューシン氏の反応については明言を避けた。

 麻生氏は会見でG20の議論を総括し「主題が金融から貿易に移っている面は大きい」と指摘した。