【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、企業の決算会計報告を四半期から半期に変更するよう証券取引委員会(SEC)に検討を求めたことをツイッターで明らかにした。実現すれば、企業にとって中長期的な視点に立った経営が可能になる半面、投資家への情報開示は後退する恐れがある。

 トランプ氏が世界のビジネスリーダーとの会合で、米国での事業をさらに改善する方策を尋ねたところ、1人が「四半期決算をやめ、半年ごとに移行する」と指摘。トランプ氏は、そうすれば企業は「より柔軟な対応が可能となり、お金も節約できる」として、SECに研究を指示したという。