三菱重工業が、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発費として、初納入を予定する2020年度に向け、2千億円規模の資金を追加で投入する方針を固めたことが14日、分かった。開発費は既に当初想定の約4倍となる6千億円規模に拡大しており、8千億円規模に達する可能性もある。

 2千億円のうち、18年度に約1200億円を投じる見通しだ。資金投入を記載した三菱重工の最新のリポートでは「開発という面では出口が見えつつある」と現状を説明。民間航空機分野の成長戦略として「航空機運航支援などの新事業分野への進出を目指す」と言及している。