経済産業省資源エネルギー庁が20日発表した18日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、10日時点の前回調査と比べて60銭高い153円70銭だった。155円30銭を付けた2014年12月8日以来、約3年9カ月ぶりの高値水準が続いた。

 灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり7円高い1692円で、いずれも3週連続の値上がり。灯油は冬に向けて需要が増えるため、北海道や東北では家計への負担が大きくなりそうだ。

 調査した石油情報センターは、石油元売り会社は給油所への卸価格を9月上旬に値上げしており、小売価格に波及していると説明した。