【ベルリン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェのブルーメ会長は、ディーゼルエンジン車の販売から撤退する考えを示した。23日付のドイツ大衆紙ビルト日曜版のインタビューで表明した。同紙によると、ポルシェが実際にディーゼル車から撤退すれば、ドイツの大手メーカーとしては初めてとなる。

 ブルーメ氏は、2015年に発覚したVWグループによるディーゼル車の排ガス規制逃れ問題で、ポルシェのブランドイメージが失墜したと指摘。今後はガソリン車やハイブリッド車、電気自動車(EV)の販売に専念する方針を示した。