損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が2020年1月から、軽自動車の自動車保険料を型式に応じて3段階に分ける方針を決めたことが5日、分かった。これまで一律だったが、事故リスクの違いを反映させる。