経済産業省資源エネルギー庁が17日発表した15日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、9日時点の前回調査と比べて2円10銭高い159円60銭と、160円の大台に迫った。灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり36円高い1787円だった。いずれも7週連続の値上がり。

 ガソリンは160円10銭を付けた2014年11月4日以来、約3年11カ月ぶりの水準。調査した石油情報センターによると、米国の対イラン制裁など中東情勢への不安感や為替相場の円安ドル高が影響した。来週は値下がりを予想している。