菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、携帯電話の料金値下げについて「3社の寡占状況というのはなくさなければならない」と述べ、来年10月の楽天の新規参入などをにらみ、競争促進による値下げ環境を整備する考えを示した。

 菅氏は「多岐にわたる課題に、速やかに対応していく。利用者にとって分かりやすく、納得のできる料金、サービスをできる限り早く実現したい」とも述べた。菅氏はこれまで、携帯料金について「4割程度下げる余地がある」と繰り返し発言している。