【北京共同】中国自動車工業協会が9日発表した1〜10月の新車販売台数は前年同期比0.1%減の2287万900台となった。新車販売は減少傾向が鮮明で、通年でも前年割れとなる可能性が出てきた。

 中国の新車市場は長らく右肩上がりの傾向が続いてきたが、足元の景気失速の影響が新車市場にも及び始めたもようだ。

 10月単月の新車販売台数は、前年同月比11.7%減の238万100台だった。今年前半はプラスの傾向が続いたが、7月以降、単月ベースで4カ月連続のマイナスとなった。10月の内訳を見ると、乗用車が13.0%減の204万6800台と大きく落ち込んだ。